NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

『俺の話は長い』なぜ視聴者に支持されるのか?生田斗真の主演がハマった理由

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『俺の話は長い』なぜ視聴者に支持されるのか?生田斗真の主演がハマった理由の画像1
俺の話は長い|日本テレビ」より

 放送前から、「30分×2話」「ホームドラマ回帰」という2つのチャレンジが話題を集めていた『俺の話は長い』(日本テレビ系)。

 世帯視聴率こそ8.4%、9.0%、8.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と2ケタに届かないが、SNSでは称賛のコメントが続出し、クチコミサイトの採点で上位をキープするなど、視聴者の熱は高い。

 当作は11月2日放送の第4話で「誰が俺のアイスを食べたか?」をテーマにしていたように、どこにでもいそうな家族の何気ない日常を描いた物語。シーンの大半が屋内の会話劇であり、ドラマチックな展開はない。

 また、“1回複数話のホームドラマ”という特徴から「サザエさん方式」なんて声も上がっているが、主人公の満(生田斗真)は屁理屈をこねまくるニート。好感度が低いどころか、批判を受けそうなキャラクター設定であるにもかかわらず、なぜ支持を集めているのか?

屁理屈は言うが本音は話さない主人公

 満は屁理屈こそ多いが、それは彼にとってたいしたものではなく、「ただ言っているだけ」。事実、彼が胸の奥で悩み、心を痛めているような本音は話していない。だから、どんなに話が長く理屈っぽくても、視聴者はさほどイライラすることなく気軽に見られるし、なかには笑える人や、妙な説得力を感じる人もいるのだろう。

 その上、満は登校拒否をしていた姪の春海(清原果耶)に、ぶっきらぼうながらも心のこもった言葉をかける姿を見せていた。「なんだ、いいヤツじゃないか」と感じた人が多かったように、満は屁理屈を除けば、極めて普通の人間だったのだ。

 実際、「仕事とやりたいことにうまく折り合いをつけられない」「このままではいけないのはわかっているけど一歩を踏み出せない」という満の悩みは世の中にあふれている。それは家族も同じで、母・房枝(原田美枝子)の悩みは「さびしさもあって、息子をつい甘やかしてしまう」、姉・綾子(小池栄子)の悩みは「仕事と子育ての両立がうまくいかない」、義兄・光司(安田顕)の悩みは「妻の言いなりな上に、娘との距離感がはかれない」、姪・春海の悩みは「好きだった同級生と親友が付き合い始めてしまった」。

 いずれも、よくある悩みで大きくないため、ドラマチックな解決も必要なし。当作を見ていると、「そんな悩みは日常生活の中でジワジワと改善していくものだ」というメッセージを感じてしまう。

 もしかしたら“1話30分”という短さは、そのまま悩みの小ささなのかもしれない。少なくとも、作り手の頭には「よくある悩みを60分間も描いていたら冗長になり、飽きられてしまう」という気持ちがあったのではないか。

「冴えないが愛すべきジャニーズ」の名手

「家族の会話劇」という地味な題材に見応えを与えているのは、脚本家の金子茂樹。

 これまで、『プロポーズ大作戦』(フジテレビ系)では、幼なじみの吉田礼(長澤まさみ)に告白できず、ほかの男に取られてしまう岩瀬健(山下智久)。『世界一難しい恋』(日本テレビ系)では、社長ながら中途採用の社員・柴山美咲(波瑠)に恋をして空回りを続ける鮫島零治(大野智)。『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』(同)では、父や兄姉に振り回され、問題のもみ消しに奔走させられる北沢秀作(山田涼介)。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg

『俺の話は長い』なぜ視聴者に支持されるのか?生田斗真の主演がハマった理由のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事