NEW

たむらけんじ、吉本の不祥事続出で“でしゃばり&情報流出”の腹の内…吉本上層部が問題視か

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たむらけんじ、吉本の不祥事続出ででしゃばり&情報流出の腹の内…吉本上層部が問題視かの画像1
「田村道場HP」より

 闇営業に始まり、徳井義実(チュートリアル)の巨額申告漏れ、ミキのステマツイート疑惑など、たびたび不祥事が取り沙汰されている吉本興業。明石家さんまや松本人志(ダウンタウン)などの大物芸人を含め、同社所属の芸人たちは各々の立場を踏まえつつ慎重に言葉を選びながら意見を述べている。一時は自身がMCを務めるテレビ番組で舌鋒鋭く会社の経営陣に詰め寄っていた加藤浩次も、最近はトーンダウンした感が否めない。

 そんななかで、「(闇営業をした芸人よりも)一番悪いのは詐欺グループ」「会社に責任(がある)。芸人を守ってくれると信じています」など、歯に衣着せぬ物言いで自身の思いの丈をぶつけているのが、“たむけん”ことたむらけんじだ。一部では「西のご意見番」ともいわれ、一見すると芸人側に寄り添った発言に聞こえるが、その裏にある“思惑”を指摘する声も聞こえてくる。

 在阪のテレビ局関係者は、次のように語る。

「闇営業からの一連の騒動のなかで、テレビ局各社が吉本芸人への取材を試みたり、会社の内部事情を知りたがりました。当然、門前払いがほとんどのなか、たむけんが『俺が芸人や会社とメディアとの間を取りもってやる』と、仲介人のようなことを申し出たんです。近年、たむけんのメディア露出は関西でも減っています。局側からすれば、年齢を重ねたことでだんだん使いにくくなっているのが現状。勢いのある若手芸人のほうがウケも良いですし、そもそも好感度が高いわけでもないですからね。本人としては危機感もあり、今回の件で必死に局や会社に恩を売り、テレビの世界で返り咲きを狙ったのでしょう」

 この関係者によれば、たむけんからの“情報提供”は的確だったという。たとえば、「この芸人はこんな考えを持っていて、こういうコメントを出してくれる」「誰々はスケジュール的に、ここにいる」「芸人に直接、俺が話をつけてやる」といった具合に、局側からすれば“おいしい情報”を受けることもあったという。一方で、うまくメディアをコントロールしようという面も見られた。前出のテレビ局関係者が続ける。

「吉本社内でも、『たむけんはさすがにやりすぎ』という声があったと聞いています。吉本側も、テレビ局との間に入っていたのはたむけんだと把握していたのでしょう。表立って会社批判もしていたので、それを面白く思っていない上層部もいるようです。動物的な勘と政治力でのし上がってきた人ですが、今回は悪手だったかもしれません。

 最初はよかったのですが、次第に彼を敬遠する声も聞こえてきましたね。ただ、たむけんからすれば、涙ながらに後輩の救済を訴えたり、自分の所属事務所に対しても厳しい意見を述べたことで、世間的には株を上げ、メディアにも“貸し”ができた格好です。一連の騒動でもっとも得した芸人といえるかもしれません」

たむらけんじ、吉本の不祥事続出で“でしゃばり&情報流出”の腹の内…吉本上層部が問題視かのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事