NEW

田代まさし逮捕、尿検査の結果が公表されない謎…警察の捜査に不可解な点

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
田代まさし逮捕、尿検査の結果が公表されない謎…警察の捜査に不可解な点の画像1
3月某日、都内で地下鉄に乗車中の田代まさし

 11月6日、またも田代まさし容疑者が覚せい剤を所持していたとして、東京都内で逮捕された。逮捕したのは警視庁ではなく宮城県警察。田代容疑者が8月に宿泊した宮城県内のホテルで注射器が見つかっていたことから、内偵捜査を進めていたという。

 薬物使用者の更生は、なぜ難しいのか。また、田代容疑者は容疑を一部否認しているが、一連の捜査をどう見るか。著書『恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白』(講談社)で自らの覚せい剤使用と収監の顛末を明かした、元北海道警察警部の稲葉圭昭氏に聞いた。

「まだやってる」と言われる現実

――田代さんの薬物がらみの逮捕は今回で5回目です。

稲葉圭昭氏(以下、稲葉) 薬物をやめるのは本当に難しいんです。すでに言われているように、意思や努力、根性だけじゃ、やめられません。私の場合は逮捕と服役でやめられたけど、それはもう使用していたときからやめたかったから。本当につらかったんです。捜査で知り合った不良から「逮捕されたときがやめるとき」と聞かされていたしね。

――田代さんは、服役してもやめられませんでした。

稲葉 薬物依存をやめるのは、そんな簡単な話じゃないんですよ。私はラッキーだっただけです。ただ、こういうことがあると「やっぱり、イナバもまだやってんじゃねえか」って言われるのが困ります。清原和博さんもがんばっているのに、「キヨハラも危ねぇな」って言われてると思いますよ。

――やっぱり、「まだやってる」とか言われるんですか?

稲葉 もちろんそうですよ。ちょっと痩せても「クスリのせい」とか言われるから、体重管理も大変で(苦笑)。でも、それだけのことをしてしまったのだから、そこは仕方ないです。

――田代さんは、そういうところをネタにしてタレントとして復活できていました。

稲葉 うーん、それはどうなんでしょうね。田代さんは「クスリは簡単にはやめられない」「毎日が試練」って繰り返していたようだけど、そう言ってしまうことで、逆に安心しちゃっていたのかな、とも思います。確かに簡単にはやめられないけど、まずは「やめるんだ」って思わなきゃ。

――「やめられない」と言っているうちはダメなのかもしれませんね。

稲葉 そう思います。

なぜ尿検査の結果が公表されないのか

――田代さんの逮捕について、一連の報道をご覧になっていかがですか?

稲葉 すべての報道を見たわけじゃないけど、尿検査の結果が報道されていないのが気になりましたね。尿検査をしていないわけはないから、たぶん「陰性」だったんでしょう。

――確かに、結果が陽性ならバンバン報道されているはずですね。

稲葉 そうです。パクって(逮捕して)おいて「陰性でした」じゃ収まらないから、髪の毛から鑑定しているか、テレビドラマでおなじみの「科捜研(科学捜査研究所)」に持って行って検査をしているか、だと思います。逮捕が6日だから、この記事が載る頃には結果が出ているかもね。

田代まさし逮捕、尿検査の結果が公表されない謎…警察の捜査に不可解な点のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事