NEW
「平成検証」改正水道法の急所(6)

官民“密通”システムで作られた「改正水道法」…それを連想させる2つの“事件”

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
官民密通システムで作られた「改正水道法」…それを連想させる2つの事件の画像1
安倍晋三首相(写真:日刊現代/アフロ)

「カネ儲けの原資」は国民の税金・国有資産・公共/公益事業

 今、世の中にあるモノとコトのすべては「投資」の対象である。投資とは、いわば“世界公認のギャンブル”だ。豪邸だの高級外車だのと世の中が拝金主義一色の時代に、偏在し滞っているカネは投資で回さねばならない。だが、回したと思っていたら実は掠め取られていたとなれば、結局カネは世間に回らず、さらに偏在する。儲けがどこかに集中すれば、経済情勢は悪化するだけだ。

 これまで貯蓄で将来に備えてきた日本人も、将来の年金給付さえ危ぶまれるなかで「老後のための投資」を考えざるを得ない状況に立たされている。どうするかは個人の自由だが、機関投資家や法人投資家のような最新技術もノウハウも情報収集力もない個人投資家は、時に財産を失うことがある。

 右も左もわからない世界に国民を押し出そうとしているのは、政府の施策誘導だ。政治と行政の権力周辺には、彼らと結託して、国民が差し出したカネの配分を決める法律に仕掛けを施し、国民が蓄えた富を巧妙に掠め取ろうと考える者たちがいる。

 法律をつくる日本の国会には、昔から予算審議の場面で独特の光景がある。議席にふんぞり返った閣僚の傍らで、答弁資料や要点メモを手にした若手官僚が献身的に跪く姿だ。「公僕」とは国民が役人にそういう姿を強いることではないため、見ていて不愉快だし居心地もよくない。規制緩和と民営化の嵐が吹き荒れた1980年代半ば、筆者は退官した元キャリア官僚にそのことを率直に聞いてみたことがある。彼が答えた内容は、おおむね次のようなものだった。

「親分である国務大臣が無能なら、官僚の奉公は屈辱でしかない。もちろん、それに抵抗を感じない者もいるが、いつかどこかで雪辱を果たさねばならないとの思いは、たぶん誰もがぼんやりと感じている。ただ、歳を重ねて立場も変われば、その思いは予想外の方向に転じるものだ」――。

 時の経過とともに、積年の苦労と屈辱を晴らす相手は、例外を除けば、己の処遇に権力を持つ“親分衆”ではなくなる。昇進した幹部官僚の多くは、マスメディアが吐き出す官製情報を鵜呑みにして無能な政治家に性懲りもなく投票し続ける“国民の無知”に向けられるからだ。

 鍛え上げた頭脳と知恵の出しどころは、昇進や第二の人生を豊かに過ごせる「天下りの受け皿づくり」と「そのために世論の目を逃れるための手練手管」となる。それを成し遂げるための原資は、国民の税金や国有資産、そして公共/公益にかかわる事業などが生み出す巨額のカネである。

 そのカネは果たしてどこに向かうのか。

国内公共インフラ資産185兆円中、120兆円が水道資産

 大層な椅子に座って目先の利権を漁るだけの政治家と、昇進や天下りだけが人生の目標となってしまった上級官僚が、巨大資本をバックに実体経済の裏を操る術に長けた者と組めば、マスメディアは他愛なく篭絡され、庶民は働き蜂とされてしまう。

「官民連携」といえば聞こえはいいが、実態が惨憺たるものだということは、平成末期から令和はじめに問題となった「産業革新投資機構」や「クールジャパン機構(海外需要開拓支援機構)」の実態を見るだけでもよくわかることだ。

 政府は「水道コンセッション契約(事業の運営権を企業に売却する仕組み)で自治体が管路改修費等の財源を得る」かのように公言して法改定を強行したが、それは民間企業が得る莫大な利益含みであり、そのために値上げされる利用料金を負担するのは住民/国民である。

 道路や空港など国内公共インフラの資産価値は総計185兆円。このうち水道資産は「上水道40兆円+下水道80兆円=120兆円」と、実に全体の65%を占める。今後、官民連携で公共サービスの提供を民間企業が主導するPPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ:公民連携)/PFI(プライベート・ファイナンス・イニシアティブ:民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律)手法が乱用されれば、自治体と企業の水道コンセッションは次々に成約し、水道事業も後述するような事件と無縁ではなくなる。

官民“密通”システムで作られた「改正水道法」…それを連想させる2つの“事件”のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事