NEW

辻希美もミキティもユーチューバー…カジサックが発見した芸能人の新たなビジネスモデル

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
辻希美のYou Tube公式チャンネル「辻チャンネル」のトップページ

 もはや芸能人がYouTube公式チャンネルを開設するのも当たり前となっている今の時代。今年に入ってからは辻希美藤本美貴といった“ママタレ”も次々と参入している。あるネットメディア関係者はこう話す。

「やはりキングコング梶原が“カジサック”としてYouTubeで成功したことが影響しているでしょう。かつてはやはりテレビタレントとユーチューバーは“別世界の人”という感覚が演者にもユーザーにもありましたが、カジサックの登場によってその壁が崩れた。テレビタレントもすんなりとネットの世界に移行して、受け入れられるようになったというわけです」

 芸能人のYouTubeチャンネルには大きく分けて2種類ある。

「ひとつは、自分の趣味に関することややりたいことを動画にして配信するチャンネル。本田翼のゲーム実況動画などはまさにこれですね。もうひとつは、既存のユーチューバーの作法を踏襲した動画を投稿するパターン。たとえば“〇〇をやってみた”的な動画を投稿することが多く、辻希美などはこちらです。もちろん、自分の好きなことをやりつつ、ユーチューバー的な動画を配信するパターンもありますが」(前出・ネットメディア関係者)

ママタレとユーチューバーの“親和性”

 とはいえ、芸能人がユーチューバーになったからといって、すぐに収益を上げられるわけではない。

「動画で流れる広告収入なんて微々たるものであって、よほど再生回数が多くない限り収入源とはならない。しかしながら、企業からPR案件を依頼されればそれなりの収入にはなります。インスタグラムの場合は、PRであると明示された時点でフォロワーたちが一気に萎えてしまうといわれていますが、YouTubeの場合は動画の内容がおもしろければPR案件でも受け入れられやすいという傾向がある。おもしろい動画を作るにはそれなりの苦労も伴いますが、PR案件での収益化を狙ってYouTubeに注力するのも自然な流れだと思います」(前出・ネットメディア関係者)

 特にママタレにとって、YouTubeは重要な仕事の場となり得るという。

「多くのママタレは個人事業主で、産休・育休期間は収入が激減してしまうわけですが、自分のペースでPR案件をこなすことができるYouTubeという場があれば、収入確保という点で大きな意味を持ちますね」(前出・ネットメディア関係者)

 まさに藤本美貴などは第3子を妊娠中にYouTubeチャンネルを開設しており、今後の産休・育休期間の収入源として見込んでいるであろうことも予想できる。

「YouTubeを子どもと一緒に見ている母親も多く、YouTubeにおいてのママタレ需要は高いですからね。ママタレが積極的にユーチューバーに転身するのも納得です」(前出・ネットメディア関係者)

辻希美もミキティもユーチューバー…カジサックが発見した芸能人の新たなビジネスモデルのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事