NEW
木下隆之「クルマ激辛定食」

ホンダ「シビック・タイプR」を破ったルノー「メガーヌ」が日本上陸…業界の今年最大の事件

文=木下隆之/レーシングドライバー

ホンダ「シビック・タイプR」を破ったルノー「メガーヌ」が日本上陸…業界の今年最大の事件の画像6

 個人的には、ニュルブルクリンクでの最速記録樹立が知名度アップの原因だと感じている。かつては筆者も、ニュルブルクリンク市販車アタッカーとして何度も記録に挑戦している。当時最速だった日産自動車の「スカイラインGT-」Rやスバルの「インプレッサWRXSTi」の記録樹立の瞬間にも携わった。その経験から言えば、ニュルブルクリンクでの記録は性能の証明に直結する。イメージアップには欠かせないのである。

ホンダ「シビック・タイプR」を破ったルノー「メガーヌ」が日本上陸…業界の今年最大の事件の画像7

 特に、今回は本田技研工業(ホンダ)の「シビック・タイプR」の記録を破ったことが日本人に強烈な印象を残した。「シビック・タイプR」はFF最速マシンとしての象徴だった。そのマシンを越えたことが、日本人への強いメッセージになったというわけだ。

 これからの「メガーヌRSトロフィ」から目が離せそうもない。速さと販売の両方の視点で見守っていきたい。

(文=木下隆之/レーシングドライバー)

●木下隆之
プロレーシングドライバー、レーシングチームプリンシパル、クリエイティブディレクター、文筆業、自動車評論家、日本カーオブザイヤー選考委員、日本ボートオブザイヤー選考委員、日本自動車ジャーナリスト協会会員 「木下隆之のクルマ三昧」「木下隆之の試乗スケッチ」(いずれも産経新聞社)、「木下隆之のクルマ・スキ・トモニ」(TOYOTA GAZOO RACING)、「木下隆之のR’s百景」「木下隆之のハビタブルゾーン」(いずれも交通タイムス社)、「木下隆之の人生いつでもREDZONE」(ネコ・パブリッシング)など連載を多数抱える。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合