NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

『グランメゾン東京』絶好調の裏に潜む死角…あえて“キムタクのドラマ”踏襲の功罪

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『グランメゾン東京』絶好調の裏に潜む死角…あえてキムタクのドラマ踏襲の功罪の画像1
日曜劇場『グランメゾン東京』|TBSテレビ」より

 料理はどれも美しく、いかにもおいしそう。第1話のパリロケを筆頭に、映像は終始ビビッドで鮮やか。俳優の顔ぶれも豪華で、それぞれの演技は安定している。

 視聴率もネット上の評判も絶好調の『グランメゾン東京』(TBS系)。「型破りなシェフが三ツ星レストランを目指す」というオーソドックスな物語であるにもかかわらず、なぜこれほど好意的に受け入れられたのだろうか?

 その理由を掘り下げていくと、いくつかの死角も見えてくる。平成のドラマ史を牽引した木村拓哉と、TBS伝統のドラマ枠『日曜劇場』。両者が持つ存在感の大きさが成否を左右しそうなのだ。ここでは『グランメゾン東京』の長所と短所、両面を掘り下げていく。

先の展開を予想できる『日曜劇場』の魅力

 好意的な声の多くを占めているのは、「尾花夏樹(木村拓哉)、早見倫子(鈴木京香)、京野陸太郎(沢村一樹)、相沢瓶人(及川光博)らが力を合わせて店を立ち上げ、メニューをつくり上げる」というチームワークの妙。

 尾花が倫子と出会い、京野、相沢、松井萌絵(吉谷彩子)と、1人ずつ同志を増やし、さらに「伝説の食材ハンター」も仲間に加えて、悪事を繰り返すライバル店「gaku」に勝って三ツ星の称号を得る……。まるで、アニメやゲームのようなプロットであり、これを「浅い」「ベタ」と感じる人は楽しめないのだが、わかりやすさを最優先に考える現在の視聴者には合うのだろう。

 大半の視聴者は、「彼は仲間入りするはず」「まだこのコンテストでは勝てないだろう」「プレオープンはピンチがあっても成功しそう」「最後はきっとこうなる」という先の展開を予想できていて、それが実現していく様子を楽しむ作品なのだ。「ハラハラ」「ドキドキ」よりも「ホッ」「スカッ」とする作風は『日曜劇場』の十八番であり、同枠の固定ファンに向けたものにも見える。

 もうひとつ、好意的な声につながっているのは“キムタク”らしさを前面に押し出したプロデュース。「ずば抜けた才能と技術を持つが性格に難あり」の主人公、振り回されながらも徐々に心を通わせていく周囲の人々、誰が見ても悪そうなけれんみたっぷりの敵……。

 これまで、『プライド』『エンジン』『月の恋人~Moon Lovers~』(いずれもフジテレビ系)、『MR.BRAIN』『A LIFE~愛しき人~』(いずれもTBS系)、『BG~身辺警護人』(テレビ朝日系)などで見せてきた“スーパースター・キムタクのドラマ”を踏襲したことが、往年のファンを喜ばせている。大半の俳優やスタッフは「新たなものを見せたい」と思うものだが、「自我を抑えてファンサービスに徹する」という意味で、当作の木村とスタッフは本当のプロフェッショナルなのかもしれない。

 ただ今後、ライバル店との対決ムードや三ツ星をめぐる戦いが過熱していくなか、“スーパースター・キムタクのドラマ”に偏りすぎると、ファン以外の視聴者が離れるリスクは高まるだろう。

 そもそも、レストランを舞台にした作品はチームワークを最優先に描くケースが多いのだが、当作は尾花のカリスマ性をベースにした物語。第3話でも、「相沢の娘・アメリー(マノン・ディー)にこっそりキャラ弁をつくってあげる」というシーンで優しさを印象づけるなど、尾花だけを特別視した脚本・演出が目立つが、これ以上「やりすぎない」というバランス感覚が求められる。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg

『グランメゾン東京』絶好調の裏に潜む死角…あえて“キムタクのドラマ”踏襲の功罪のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事