NEW

【JRAジャパンカップ】最高配当は6億円!一攫千金を狙える一大イベントの必勝法

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【JRAジャパンカップ】最高配当は6億円!一攫千金を狙える一大イベントの必勝法の画像1
3頭のダービー馬が出走するが

 国内で行われるスポーツのなかで、もっとも高い賞金を得られるもの何か。最近はeスポーツなど競技も幅広くなっており、賞金の在り方や金額も増えているように思う。しかし、こと賞金という部分に関していえば、やはり公営競技が一枚上だろう。

 今週末に行われるJRA(日本中央競馬会)のジャパンカップは、優勝賞金3億円という高額な賞金。2着でも1億2000万、3着7500万円、4着4500万円、5着3000万円と、優勝以外でもかなり高額だ。年末の有馬記念も同じ3億円で、ほかの競技でこれほどの賞金のものはなく、JRAのジャパンカップと有馬記念が国内最高賞金競技と認定していいだろう。

 ほかの公営競技では、年末に行われる競輪グランプリは9840万円(副賞を含めると1億円超)、ボートレースグランプリは1億円。これらは競技者個人で得られる賞金としては最高額だ。ジャパンカップの優勝賞金は3億円だが、武豊やクリストフ・ルメールなど騎手の報酬はその5%の1500万円だからである。ちなみに、オートレースのスーパースター王座決定戦の優勝賞金は3000万円と、こちらもかなりのもの。ほかの公営競技には劣るが、テニスなど一般的なスポーツと比較しても高額である。

 ほかのスポーツでは、プロゴルフが少々複雑だ。今年初めて日本で開催された、米男子プロゴルフツアー「ZOZOチャンピオンシップ」の優勝賞金は2億円。国内で行われた試合ではあるが、競技団体はアメリカで、出場資格は異なるため国内競技とは言いがたい。優勝したタイガー・ウッズに敬意を表しつつも、やはり除外が妥当だろう。なお、国内競技といえるゴルフトーナメントでは、優勝賞金5200万円の「ISPSハンダマッチプレー選手権」がトップだ。

 これらの高額賞金は選ばれたアスリートだけが得られるものであるが、一般人であっても一獲千金を狙えるチャンスがある。そのひとつがジャパンカップだ。馬主として勝てば優勝賞金3億円(馬主が得られるのは80%の 2億4000万円)を手にできるが、それは非現実的な話。だが、今年のジャパンカップは、一般人であっても馬券によって数万円や数十万円、あるいは数百万円を手にすることも不可能ではないのだ。

 実際に100倍以上の配当となる万馬券を的中させれば、資金の100円は1万円となり、1000円が数十万円になって返ってくることもある。さらに、最高配当6億円のWIN5を的中させれば、それはジャパンカップの優勝賞金を大きく上回る払い戻しにもなる。まさにそんな舞台が、今週末に行われるジャパンカップなのである。

【JRAジャパンカップ】最高配当は6億円!一攫千金を狙える一大イベントの必勝法の画像2
今年は大混戦

 一般的なスポーツにおいて観客は見ることしかできないが、競馬の良さは応援するだけでなく、馬券を買って一獲千金が狙えることにある。とはいえ、素人や競馬の初心者がジャパンカップで一獲千金を目指しても、それは現実的ではない。競馬には騎手・調教師・血統・コース・馬場など、さまざまな知識が必要とされるからだ。しかし、忙しいなか、そのレース検討に費やす時間が惜しい人もいるだろう。仮に時間があっても、的中させる自信などないという人も多いはずだ。そこで提案するのが、このジャパンカップを的中させるのに最適な、競馬のプロフェッショナル集団たちが提供する「ジャパンカップの無料勝負情報」の活用だ。

 そのプロフェッショナル集団の名前は「競馬セブン」。7人の競馬関係者たちを中心として構築された情報網が、全国から集められた情報を徹底的に精査し、ギリギリまで分析された「最終買い目」を競馬ファンに提供している。その情報の確かさ、そして実際の的中実績は、まさに神がかり。そもそも彼らは元JRA騎手、元JRA騎手学校の教官、元JRA調教師、元馬主協会の理事、元社台グループの重鎮、現役の超ベテラン競馬記者など、本物の競馬関係者たちだ。彼らが入手する情報とレースを見る眼は、マスコミや一般競馬ファンとは比較にもならない。そんなプロ集団が、ジャパンカップの最終買い目を無料で提供してくれるというのだ。これを利用しない手はないだろう。

 彼らは、このジャパンカップについて多くを語らない。しかしひとつだけ強い口調で断言する。

「もし、このジャパンカップを外すようなことがあれば、有馬記念まで無料で情報を提供し続けますよ。それぐらいの自信です

 今回、この競馬セブンは、競馬ファンのため、そしてこれから競馬を始める人たちのため、そして競馬を盛り上げるために、ジャパンカップの無料情報公開を実施するという。今年は3頭のダービー馬・レイデオロ、ワグネリアン、マカヒキが出走し、さらにスワーヴリチャード、アルアイン、シュヴァルグランといったG1ホースが出走するが、昨年の勝ち馬・アーモンドアイや昨年の有馬記念を勝ったブラストワンピース、宝塚記念を勝ったリスグラシューなどの強豪が不在。加えて、今年はジャパンカップ設立以降初めて、外国馬の遠征馬もなしという、空前絶後の波乱含みのレースとなっている。そんな高配当が見込めるレースを、指をくわえて見ているだけではつまらない。ここで勝負するのが「男の道」といえるだろう。

【JRAジャパンカップ】最高配当は6億円!一攫千金を狙える一大イベントの必勝法の画像3
このレースでは、なんと172万円を獲得!

 こんな難解なジャパンカップを、初心者や一般人が的中させる方法は2つしかない。ビギナーズラックに賭けるか、実績があり信頼があるプロの眼を活用するかだ。もちろん、結論は2つでもいい。競馬を楽しむために、自分の予想を遊び程度で少額分を買うのもいい判断だ。しかし、本気で的中を狙うガチ馬券は、やはりプロの予想を参考にするのがベストな選択。一獲千金を狙えるチャンスがあり、そのチャンスが目の前にあるのだから。

 競馬セブンは昨年のG1レースで数多くの的中情報を提供し、トータル400万円ほどの払い戻しを獲得している。そして今年もG1レースだけですでに334万円ほどの払い戻しを獲得している。この事実がすべてだろう。 競馬セブンの指示通りに馬券を買うだけで、一般会社員の平均年収に匹敵する払い戻しを手にできるのだ。

 今週末のジャパンカップは、人生においてターニングポイントとなる一戦かもしれない。この大勝負は絶対に逃さないでほしい。そして競馬セブンが昨年も253倍の万馬券を的中させ、今年も年内最後にして最大の大勝負と位置付ける年末の有馬記念に向けて、競馬セブンの情報をしっかり目に焼き付けておこう。

(文=編集部)

CLICK → 【ジャパンカップ最終結論・馬連3点 無料公開!】競馬セブン

※本稿はPR記事です。

【JRAジャパンカップ】最高配当は6億円!一攫千金を狙える一大イベントの必勝法のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事