NEW

沢尻エリカが“クスリ漬け”女優になった理由…芸能界復帰なら薬物地獄に逆戻りの可能性

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
沢尻エリカがクスリ漬け女優になった理由…芸能界復帰なら薬物地獄に逆戻りの可能性の画像1
沢尻エリカ

「10年以上前から違法薬物を使用していた」「これまでに大麻やLSD、コカインも使った」――警視庁の取り調べに対し、沢尻エリカ容疑者はこのように供述しているという。次々と出てくる告白は、トップ女優の薬物依存を裏付けるようで衝撃的である。

 沢尻容疑者は11月16日、自宅に合成麻薬「MDMA」を所持していたとして、麻薬取締法違反容疑で警視庁組織犯罪対策部第5課に逮捕された。すでに、自宅で発見されたMDMAについて自分のものであることを認めているという。さらに、「これまでに有名人が薬物事件で逮捕されるたびに、私も危ないんじゃないかと注意してました」「私のところには、警察は来ないだろうと思っていた」などと胸の内を吐露している。

 素直に話せば話すほど、女優としてのイメージは悪くなり、量刑にも影響するはずだが、そんなことが頭にある様子ではない。

 一方で、宿泊したホテルの部屋から発見された注射器を「自分のではない」と否定しているのが田代まさし容疑者だ。田代容疑者は覚せい剤を所持していたとして、11月6日に逮捕されている。もちろん、本当に田代容疑者の持ち物ではないのかもしれないが、夜遅くにチェックアウトした後、部屋から2本の注射器が見つかったという状況を考えると、その可能性は低いといわざるを得ない。

計算なしの素直な供述

「まぁ、正直にいろいろと供述しているな。俺なんかとは大違いだ」。

 覚せい剤使用で複数の逮捕歴があるA氏は、苦笑しながら語る。

「俺のように“逮捕慣れ”すると、少しでも量刑が軽くなるよう、言わなくてもいいことは口にしない。裁判で心証を悪くするし、判決にも響くからだ。購入先についても“街角の売人”としか言えない。その点、初犯の彼女は素直だなぁ、という印象だ。なんにも計算してないんだからな。

 逆に、田代まさしが“俺のじゃない”と言った気持ちもよくわかる。二度も三度もパクられると、どうにか言い逃れようとなるし、俺もそうだった。いけるところまでは『知らぬ存ぜぬ』を突き通そうとなるんだ。頭の中では『もうやめよう』と思っていても、快楽が刷り込まれているから手を出してしまい、何度も逮捕されるのが薬物常習者。その点、沢尻は中毒にまではいってない気がするわ」(A氏)

 沢尻容疑者といえば、2007年に「別に騒動」で大バッシングを受け、09年には前所属事務所との専属契約が解消、10年春まで芸能活動を休止している。当時は気分が落ち込み、時間も持て余していたことは想像にかたくない。「10年以上前から違法薬物を使用していた」という供述とも、重なる時期だ。このあたりから歯車が狂い始めたのだろうか。

「若い頃、俺はまずハッパ(大麻)を使った。ハッピーな気分になったが、だからといって『ハッパがほしい』とはならない。ちょっとした気分転換のようなものだった。コカインもそうだが、あのあたりの薬物は使う人間の精神状態がカギになる。ストレスが少ないヤツは常習にはなりにくい。なぜなら、ほかに楽しいことを知っているからね。

 その点、おそらく彼女は女優として背伸びをしており、我慢の限界を超えた日々を送っていたのだろう。だからこそ、現実から逃れた“非日常”を味わいたくなるわけだ」(同)

沢尻エリカが“クスリ漬け”女優になった理由…芸能界復帰なら薬物地獄に逆戻りの可能性のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事