NEW

「イートイン脱税(詐欺)」したら罰則とかある?逮捕されるの?国税庁も黙認?

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 2019年10月の消費増税で導入された軽減税率。持ち帰りの食品は8%だが、イートインは10%になる。しかし、なかには8%で買った食品をイートインスペースで食べる人がいるらしい。これが「イートイン脱税(詐欺)」ではないかと問題になっているのだ。果たして「イートイン脱税」はどんな罪に問われるのであろうか?

「イートイン脱税」で逮捕されるの?

「イートイン脱税(詐欺)」したら罰則とかある?逮捕されるの?国税庁も黙認?の画像1
(Image:Samut Tungsaleekased / Shutterstock.com)

 2019年10月の消費増税では軽減税率が導入されたのは皆さんご存じだろう。持ち帰る食品は消費税が8%だが、レストランなどで食べる食事は消費税が10%となる。そこで問題となったのが、イートインスペースのあるコンビニやファストフードである。持ち帰りで購入したあとイートインスペースで食べる客は、本来10%の消費税がかかるはずなのに、8%で購入して2%の消費税を“脱税”あるいは“詐欺”をしているというのだ。これがいわゆる「イートイン脱税(詐欺)」である。

 では、どうしてこのようなことが起きるのかといえば、レジで「イートインで」と自己申告しない限りは、基本的に8%が適用されるからだ。店側も8%で購入したものをイートインスペースで食べたからといって、注意することはない。果たして「イートイン脱税(詐欺)」をしたときの罰則はあるのだろうか? 警察に通報された場合は逮捕されたりするのだろうか?

続きは【オトナライフ】で読む

「イートイン脱税(詐欺)」したら罰則とかある?逮捕されるの?国税庁も黙認?のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking

関連記事

BJ おすすめ記事