NEW

もしiDeCoとふるさと納税をやったら、納税額はいくら減るのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

もしiDeCoとふるさと納税をやったら、納税額はいくら減るのか?の画像1

生き延びるためのマネー/川部紀子

 ファイナンシャルプランナーで社会保険労務士の川部紀子です。消費税増税からおよそ1カ月半が経ちました。8%から10%への増税によって、個人の家計負担も増える中、新たな対策を打っている方はいるでしょうか?

 ごく一般的な会社員や公務員が自らの意志でできる節税制度といえば「iDeCo」と「ふるさと納税」です。

 この連載でも何度も何度も解説を行ってきました。今回は、年収別に、何も対策をしなかった場合の税額と、「iDeCo」と「ふるさと納税」をしていた場合の税額がどのくらいになるか、シミュレーションしてみたいと思います。

※会社で企業型DCを導入しておりマッチング拠出を活用できる場合はiDeCoと同様の効果がありますので、iDeCoをマッチング拠出と置き換えてお考えください。

もしiDeCoとふるさと納税をやったら、納税額はいくら減るのか?のページです。ビジネスジャーナルは、マネー、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • マネー
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事