NEW

木村拓哉、わざわざ新しい地図イベント直前に同じ会場でライブ強行に批判殺到…集客に不安も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
木村拓哉、わざわざ新しい地図イベント直前に同じ会場でライブ強行に批判殺到…集客に不安もの画像1
『Go with the Flow』(木村拓哉スペシャルサイトより)

 2020年のライブツアー開催を発表した木村拓哉。ファンから喜びの声が沸き上がる一方で、「歌唱力を過大評価しすぎ」と疑問を呈する人も多い。

 木村は2020年1月にアルバム『Go with the Flow』のリリースが控えており、同作のために稲葉浩志(B’z)、槇原敬之、森山直太朗、LOVE PSYCHEDELICOら人気アーティストが楽曲を提供したことでも話題になっている。ライブツアーは20年2月に「TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 Go with the Flow」と題し、「国立代々木競技場 第一体育館」と「大阪城ホール」で開催される。

 ツアー開催発表に合わせて木村はコメントを発表し、「ようやく騒げる場所が決定致しました。なるべく皆さんと近い距離で楽しみたいと思ったので、東京と大阪の会場を選ばせていただきました」と説明。ところが、木村の思いとは裏腹に冷めた声が目立っており、「もうちょっと小さい会場で謙虚にやればいいのに」「一流アーティスト提供の楽曲でゴリ押し感が見え見え」「SMAP時代の基準で考えてそう。ソロで満席にできるとは思えない」と厳しい反応が相次いでいる。

 また木村のツアー発表で注目されたのが、東京会場に選ばれた「国立代々木競技場 第一体育館」。同施設では木村のツアー直後の20年3月に「新しい地図」(稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾)がファンミーティングを行う予定で、ネット上には「数ある会場のなかからわざわざ新しい地図のファンミーティングと同じ場所を選ぶ意味あるの?」「ライブのほうが日程早いけど、元SMAPの面々はどんな気持ちでニュースをチェックするんだろうね」という声も見られる。

 国民的グループSMAPの解散以降、それぞれの道を歩むことになったメンバーたち。ドラマやバラエティ番組出演が相次ぐ木村に対し、ジャニーズ事務所を退所した稲垣・草なぎ・香取は「地上波露出の減少」が指摘されてきた。その要因としてジャニーズ事務所の“圧力”が疑われ、今年7月には「独占禁止法違反につながる恐れがある行為が認められた」として公正取引委員会が同事務所を注意したと報道されている。

 木村と同様に“事務所残留”を選んだ中居正広は、SMAP解散後の17年4月に『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)で香取と共演。また今月18日には、『中居くん決めて!』(TBS系)で「俺、古い地図じゃない」と発言して注目を浴びたばかり。木村と比べて退所組に関連した話題がたびたび上がることから、“新しい地図との合流”を望む声は多い。

 一時代を築きながら、解散という結末を迎えたSMAP。木村はどのような思いを抱えてソロ活動を展開していくのだろうか。

(文=編集部)

木村拓哉、わざわざ新しい地図イベント直前に同じ会場でライブ強行に批判殺到…集客に不安ものページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事