NEW

沢尻エリカ、薬物使用して性行為の可能性との指摘…経験者が語る快楽と“廃人”になる恐ろしさ

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
沢尻エリカ、薬物使用して性行為の可能性との指摘…経験者が語る快楽と廃人になる恐ろしさの画像1
沢尻エリカ

 合成麻薬「MDMA」を所持していたとして逮捕された沢尻エリカ容疑者に、新たな疑惑が浮上した。薬物を使っての性行為に溺れていたのではないか、というものだ。

 11月26日、沢尻容疑者と交際歴がある30代のファッションデザイナー・横川直樹容疑者が警視庁組織犯罪対策5課に麻薬取締法違反の疑いで逮捕された。沢尻容疑者は、自身が所持していたMDMAについて「横川容疑者からもらった」という趣旨の供述をしているという。

 沢尻容疑者と横川容疑者は2011年頃から交際を始めたとされており、14年には同居が報じられたものの、今年9月には破局報道も流れた。当時は「沢尻が大河ドラマに集中するため」などといわれていたが、以後も復縁説が出るなど、2人の関係は完全に切れてはいなかったようだ。そして、その原因が薬物を使った性行為ではないのか、というわけだ。

 11月28日付日刊スポーツでは、そうした可能性について専門家の話を交えて指摘している。では、実際に薬物を使った性行為の経験者はどう考えるのか。

「一番いいのはハッパ」

「それはあるな。普通の場合と違い、薬物を使ってヤルのは“誰とでも”というわけにはいかない。わかり合っている相手でないとできないからな」

 そう語るのは、覚せい剤や大麻所持で逮捕された経験を持つA氏だ。彼は、薬物ごとの「効き方」について解説してくれた。

「キメてヤルのに一番いいのはハッパ(大麻)。吸うと五感が敏感になるから、愛撫されるとすごく気持ち良い。吸った女の背中を“触れるか触れないか”でタッチしてやると、鳥肌を立てて感じるよ。敏感になっているから、アッという間だった。酒を飲んでヤリたくなる女は多いが、ハッパはアルコール以上だ」(A氏)

 ミュージシャンが曲づくりの際に吸ったりするように、皮膚感覚のみならず「聴覚や視覚も鋭敏になるのが大麻の効能だ」とA氏。自身が薬物にハマったきっかけも大麻だったという。

「ハッパはダウナー系で副交感神経が優位になるから、すごくリラックスした気分になる。逆に、興奮が高まりすぎるのがシャブ(覚せい剤)。シャブを使ってヤルことを覚えると、ノーマルなのが物足りなくなる。おそらく、沢尻もその“味”を知ったんじゃないかな。シャブと効き目が似ているコーク(コカイン)をやったのも、そのためだと思う。もっとも、コークは効いている時間が30分ぐらいだけどな」(同)

 逮捕後、「10年以上前から違法薬物を使用していた」と供述している沢尻容疑者は、「これまでに大麻やLSD、コカインも使った」とも告白している。一方で、尿検査ではMDMAのほかに覚せい剤やコカインなどの違法薬物について、すべての反応が陰性だったことが明らかになっている。A氏によると、覚せい剤を使った性行為には、ある問題が生じるという。

「交感神経が刺激されるから気持ちは良いが、大事な部分が反応しなくなるんだ。だから、売人はそのための薬も一緒に売ってくれる。ただ、両方同時に使うと血圧が200を超えるから、とても危険。俺など、何度後頭部が痛くなったかわからないよ」(同)

 聞けば聞くほど、薬物地獄の恐ろしさが垣間見える。「ダメ。ゼッタイ」と言われるのもわかる気がする。

沢尻エリカ、薬物使用して性行為の可能性との指摘…経験者が語る快楽と“廃人”になる恐ろしさのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事