NEW

JRA阪神ジュベナイルフィリーズは「穴の関西馬」が来る!年末年始の資金稼ぎはコレ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
師走の2歳女王決定戦に注目!

 12月に入り冬のボーナスや年末ジャンボ宝くじが話題になっているが、そのどちらにも縁がない人も多いだろう。この季節は多くのボーナスをもらう人がいる一方、少ないボーナスもしくはボーナスゼロといった人たちもいて、明暗が分かれる時期でもある。また、2019年最後の一獲千金を夢見て年末ジャンボ宝くじを購入する人も多いだろう。しかし、宝くじの1等が当選する確率は0.000005%だという。1等賞金7億円は夢があるが、この確率を見てトーンダウンしてしまった人も少なくないはずだ。

 とはいえ、12月は何かとお金がかかる時期。忘年会にクリスマスプレゼント、冬の旅行に子供のお年玉……。ボーナスも宝くじも期待できない人は、考えるだけで憂鬱な気分にもなろう。そんな人に朗報だ。今週末にJRA(日本中央競馬会)の阪神競馬場で行われる阪神ジュベナイルフィリーズにおいて、的中を確信させる強烈な「必勝法」があるという。

 競馬は宝くじのような運任せのギャンブルとは異なり、実力で的中の確率が大きく上昇するもの。加えて、買い方やレースの見極め次第で回収率も大きく変わり、なかには年間数百万円や数千万円の利益を得ている人もいるという。そんな競馬の勝ち組たちが揃って利用しているのが、競馬でもっとも重要な要素でありながら、そのすべてが明らかになっていない「関西馬」の情報だという。

 テレビ局や大手スポーツ紙、さらに競馬専門紙などさまざまなマスメディアがあるが、そのいずれも関西馬に特化してはいない。しかし、関西馬が競馬界でもっとも重要なことは紛れもない事実だ。たとえば、この秋行われたG1レースを見てみよう。スプリンターズステークスと天皇賞(秋)は関東馬が勝利したが、それ以外の秋華賞、菊花賞、エリザベス女王杯、マイルチャンピオンシップ、ジャパンカップは関西馬が勝利。関西馬5勝、関東馬2勝とダブルスコア以上の成績だ。また、11月24日に行われたジャパンカップは、出走馬15頭中関西馬が11頭と半数以上、今週末の阪神ジュベナイルフィリーズの最終登録馬も19頭中関西馬が13頭と圧倒している。これだけを見ても、関西馬が今の競馬の中心にいることがわかるだろう。つまり、馬券においてもっとも重要なのは関西馬をしっかり把握することなのである。

関西馬・ウーマンズハート

 しかし、前述したように既存のマスコミは関西馬に特化していない。東京を拠点とする大手マスコミは関西の取材がおろそかだし、数十人の競馬記者で何千頭も存在する関西馬をすべて把握することなど不可能だからだ。そこで、競馬の勝ち組たちが利用しているのが、関西の元競馬関係者などが集結して設立し、ありとあらゆる関西馬情報の収集と管理、分析を行っている「チェックメイト」だ。

 このチェックメイトの凄いところは、まず関西馬の拠点となる栗東トレーニングセンターのすぐ前に拠点を置いていること。すなわち関西の競馬関係者と密接な関係を構築でき、すべての関西馬情報が集まってくる環境を構築している。そして騎手として東京優駿(日本ダービー)を制し、調教師として優駿牝馬(オークス)を制する偉業を達成した清水久雄など、業界で誰もが知る超大物関係者を筆頭に、多数の情報網が在籍していることもポイントだ。その情報網は、騎手関係、厩舎関係、馬主関係、牧場関係、外厩関係など、さまざまなルートに精通しているスペシャリストばかりで、競馬関係者と家族同然の付き合いをしているスタッフが多い。この体制によって、通常のマスコミでは決して知ることができない『本物の関西馬情報』を入手できるのだ。

 その情報は、

「全然記者が取材に来なかったから表に出ていないけど、過去最高の仕上がりで勝ち負け(1位)が期待できる。馬券は買ったほうがいいよ」

「新聞で人気になっているけど、脚の状態がイマイチでここは厳しい」

など、まさに馬券に直結する『本物の関西馬情報』ばかり。

 この秋も、ジャパンカップやマイルチャンピオンシップなどのG1レース、さらに11万馬券なども関西馬情報によって的中させている。このことからもわかるように、ベテラン競馬ファンでもビギナー競馬ファンでも『本物の関西馬情報』『高確率で馬券に絡む関西馬』を入手できれば、馬券で勝つことも十分可能である。

 阪神ジュベナイルフィリーズは、JRAで行われる多くのG1レースのなかでも、特に関西馬が強いレースだ。2000年以降、関西馬14勝で関東馬は5勝と約3倍。今年も登録馬のほとんどが関西馬であり、関西馬情報を正確に把握することが的中のポイントとなる。そして関西馬情報を専門に扱うチェックメイトは、このレースについて以下のように語っている。

「今年も主役となるのは関西馬でしょう。2戦2勝のリアアメリア、ウーマンズハート、レシステンシアのほか、牡馬相手の重賞でも好走したクラヴァシュドールあたりの関西馬が有力視されそうですが、チェックメイトでは現段階での完成度の違いを把握できているほか、完成度の差を能力でカバーできるかなども精査できています。

関西馬・レシステンシア

 これまで、激走関西馬を本命に3年連続で的中させていますが、今年もすでに『ここを目標に満足のいく仕上げができた。大きな不利がなければ勝てる』と関係者が密かに意気込む『勝負の関西馬』情報を入手しています。

 さらに、人気薄濃厚ながら激走の雰囲気が漂う『穴の関西馬』情報も入手。これまでの対戦相手の比較やパフォーマンスの差で人気を落としそうですが、実際のところは『ここでも勝負になる馬だよ』とのことで、勝負気配は人気を集めそうな馬より上ともいえるくらい。一般ファンは、過去のレース内容や対戦相手などを基準に馬券検討すると思われますが、ここで聞いている『穴の関西馬』は、前走から今回までの短期間で大幅に良化しているとのこと。ここで好配当を演出する可能性は高いといえるでしょう。これらの情報から今年も的中に自信があります。なお今年は無料提供サービスも実施しますので、ぜひ本物の関西馬情報をゲットしてください」

 この話からもわかるように、チェックメイトはやはり彼らだけが知る本物の関西馬情報で的中を確信しているのだ。そして注目は、その関西馬情報を競馬ファンに無料で公開してくれるということ。その内容は阪神ジュベナイルフィリーズの「勝負買い目情報」。ぜひこの情報を入手し、週末の阪神ジュベナイルフィリーズで勝負をしよう。そして彼らがさらに自信を見せている来週末の朝日杯フューチュリティステークスや有馬記念に向けて、関西馬のすごさを体験しておこうではないか。

(文=編集部)

CLICK → 無料公開!【阪神ジュベナイルフィリーズ「勝負買い目」】チェックメイト

※本稿はPR記事です。

JRA阪神ジュベナイルフィリーズは「穴の関西馬」が来る!年末年始の資金稼ぎはコレ!のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事