NEW

JRA阪神ジュベナイルフィリーズ、関西の競馬拠点(栗東)から関係者の激ナマ情報!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA阪神ジュベナイルフィリーズ、関西の競馬拠点(栗東)から関係者の激ナマ情報!の画像1
注目馬が出走する阪神ジュベナイルフィリーズ

 2019年は関西が存在感を示した一年だったかもしれない。大阪サミットの開催、阪神タイガースの躍進など、例年にも増して関西の影響力を感じさせたといっていいだろう。そして年末も近づいてきた今、競馬界において関係者だけが知る秘密の合言葉のようなものが信ぴょう性を帯びてきた。それは、

「年末は西に注意せよ」

という言葉だ。

 競馬界は紛れもなく西高東低である。この秋のG1レースは関西馬が関東馬の2倍以上も勝利しているし、ジャパンカップ上位5頭のうち勝ち馬を含め4頭が関西馬だった。また11月25日現在の年間勝利数は、関西馬が1815勝で関東馬が1338勝と、関西馬が461も多く勝っている。加えて3着以内の馬券圏内も関西馬が5363頭で関東馬が4130頭と、やはり関西馬が1233頭も多く馬券に絡んでいるデータがある。

 この数字からわかることは、関西馬のほうが関東馬よりも多く馬券になっているという事実。そして単純に関西馬を買い続けていれば、的中率も上昇することになる。つまり、馬券で効率よく利益を出すためには「関西馬の馬券を買うこと」に尽きるのだ。

 それが年末になるとさらに勢いは増し、昨年12月の数字では関西馬174勝に対し関東馬114勝と、圧倒的に関西馬が上回っている。師走の稼ぎ時に強いのは商人気質なのか、いずれにしても「年末は西に注意せよ」という言葉を競馬ファンは覚えておくべきだろう。

JRA阪神ジュベナイルフィリーズ、関西の競馬拠点(栗東)から関係者の激ナマ情報!の画像2
マイルチャンピオンシップも関西馬が勝利

 もちろん馬券で一山当ててみたいと考えるビギナーも、この関西馬情報を効果的に使えば、安定した的中率と回収率で馬券の勝ち組となることは難しくない。ただし、それには「正確な関西馬情報」を入手することが必要だ。では、その関西馬情報はどこで入手できるのだろうか。また、誰にでも入手できるのだろうか。その疑問を一気に解消してくれるのが、関西馬情報を専門に扱う関西の競馬関係者集団「チェックメイト」である。

 チェックメイトは、騎手として東京優駿(日本ダービー)を制し、調教師として優駿牝馬(オークス)を制した清水久雄氏を中心に、関西競馬の拠点である日本中央競馬会(JRA)の栗東トレーニングセンターで働いていた元関係者も所属している。さらに、関西の馬主事情や外厩事情に特化した情報網を構築することで、ありとあらゆる関西馬の情報を収集できる体制を持つ競馬情報会社だ。もともと同僚であったわけだから、現役の競馬関係者と太いパイプを持ち、その信頼関係は非常に厚い。

 そんな彼らは今年の年末競馬について「関西馬が無双する」と断言。そしてそのなかでも特に“勝負レース”として自信を見せているのが、今週末に行われる阪神ジュベナイルフィリーズだ。

「2歳戦は、競馬ファンにとっても難解といえるものでしょう。なかでも新馬戦は全出走馬が初出走。それだけに競馬ファンは、調教時計や関係者のコメントだけが判断基準となり、馬の個性や現段階の完成度を把握するのが難しく、馬券も非常に難しいものとなっていると思われます。

 しかしチェックメイトは、調教内容などを把握しているだけでなく、外厩や牧場での情報もできる限り把握し、各馬の能力比較を的確に行っています。その証拠に2019年の新馬戦では、4万馬券など多くのレースと万馬券を的中。もちろん、重賞レースでも新潟2歳ステークスの万馬券のほか、多くのレースを的中させてきました。

 阪神ジュベナイルフィリーズと来週末の朝日杯フューチュリティステークスは、そんな2歳戦の集大成といえるレース。これらのレースを的中させるために万全の情報収集体制で準備してきました。今年はリアアメリア、ウーマンズハート、レシステンシア、クラヴァシュドールなどの関西馬が有力視されていますが、これらを含む関西馬の情報はしっかり把握しています。

 阪神ジュベナイルフィリーズは現在、3年連続で的中させていますが、今年も『不利がなければ負けない』と関係者が断言するほどの“強力関西馬情報”を入手。さらに先日は“穴の関西馬情報”も確認しており、配当妙味も十分あると思います。非常に楽しみで、そして自信のあるレースとなっています。

JRA阪神ジュベナイルフィリーズ、関西の競馬拠点(栗東)から関係者の激ナマ情報!の画像3
ラッキーライラックもこのレースの勝ち馬だ

 また、朝日杯フューチュリティステークスや再来週末の有馬記念でも、馬券の中心となるのは関西馬とみていいでしょう。

 昨年の朝日杯は、断然人気に支持された関東馬グランアレグリアが3着となり、関西馬アドマイヤマーズとクリノガウディーの決着で3連単は4万5180円となりました。今年も人気を集めそうな関東馬が出走予定ですが、チェックメイトで掴んでいる『勝負の関西馬』もすこぶる順調で、勝ち負け(1位)が期待できる状況。今回も関西馬が上位独占して、波乱の決着となることも十分あるでしょう。

 そして有馬記念でも有力関西馬の情報を入手しています。過去10年で関西馬8勝。また過去10年のうち8回で3連単が万馬券決着となっており、勝負の関西馬が波乱を演出するシーンも十分あります。有馬記念といえば秋のG1を使ってきた馬が多数出走しますが、「もう上積みがない」という話や「今年一番のデキ」などの有力情報を入手しており、出走馬のジャッジは万全です。

 今週から続く3つのG1レースは、チェックメイトの関西馬情報にお任せください。“これぞ関西馬のすごさ”という情報をお見せしますよ」(チェックメイトスタッフ)

 チェックメイトはこの秋も11万6130円、12万6410円といった高額万馬券を的中させたほか、府中牝馬ステークスの7万馬券、秋華賞やアルゼンチン共和国杯、マイルチャンピオンシップ、ジャパンカップ、京阪杯など重賞でも高配当的中と乗りに乗っている。

 そんな本物の競馬関係者集団が的中を確信する阪神ジュベナイルフィリーズで、なんと彼らは「勝負買い目の無料公開」を実施するというのだ。「本物の関西馬情報を体験してみたい」と感じた方は、ぜひこの無料企画に参加していただきたい。今週末の阪神ジュベナイルフィリーズだけでなく、来週末の朝日杯フューチュリティステークスや有馬記念でも大きな武器となるはずだ。

(文=編集部)

CLICK → 無料公開!【阪神ジュベナイルフィリーズ「勝負買い目!」】チェックメイト

※本稿はPR記事です。

JRA阪神ジュベナイルフィリーズ、関西の競馬拠点(栗東)から関係者の激ナマ情報!のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事