田中みな実、空前のフィーバー…“能力高過ぎ”で他のフリーアナから共演NGの画像1
田中みな実

 フリーアナウンサー・田中みな実のファースト写真集『Sincerely yours…』(宝島社)が明日12月13日に発売される。

「発売前にもかかわらず10万部の重版が決定し、すでに累計発行部数は22万部を突破するなど、予想以上の反響を呼んでいます」(出版関係者)

 現在、田中は新木優子主演の連続テレビドラマ『モトカレマニア』(フジテレビ系)に出演中で、女優としての活躍も目覚ましい。前クールも同局のドラマ『ルパンの娘』に出演するなど、各方面から引っ張りだこの状態だが、田中の活躍に良くない顔をするのはフリーアナウンサーの面々だ。

「バラエティに出ても、田中さんの一人勝ちになってしまう。アナウンサー時代は仕切りを任されていただけに遠慮がちな部分がありましたが、現在はゲストとしてもてなされる立場なので、リップサービスも素晴らしいんです。ただ、他のフリーアナからの嫉妬がすごい。一緒に番組に出て埋もれてしまうのは嫌なんでしょう。今年フリーに転身した某アナウンサーは共演NGを出していますし、マルチすぎる田中さんに勝てる気がしないのでしょうね」(芸能事務所関係者)

 女性芸能人のリアルトークが光るトーク番組『グータンヌーボ2』(フジ系)ではアナウンス力を発揮し、場を取りまとめる姿も見せる。あるテレビ局スタッフは田中の実力について、こう語る。

「バラエティで色モノ扱いされていただけで、アナウンス力はしっかりある人ですよ。TBSは彼女の扱いが本当に酷かったと思います。『サンデー・ジャポン』であんな役割をさせられていたら、ただアンチが増えるだけで、彼女自身何も得をしない。起用の仕方を間違えましたよね。一方、フジでは彼女の良い部分を前面に出しているので、田中も『フジに入社すれば良かったなぁ』なんて冗談も言っているみたいですよ」

 実は田中は、TBSを退社してから同局の番組に出演する機会は少ない。

「TBSとしても退社した田中を受け入れることに抵抗があるのでしょう。フリーになってここまで活躍するとは予想外だったようで、今後は田中へのオファーもせざるを得ないでしょう。田中の敵は古巣のTBSだけではない。3年前ほど、某出版社から書籍を出す話が進行していたものの、その話を田中の意思でキャンセルして以降、同出版社のトップから仕打ちを受けたという話もあります。しかし、今の人気ぶりを見れば、田中を敵に回して良いことは何ひとつありませんよ」(別のテレビ局関係者)

 しばらくは田中フィーバーが続きそうだ。

(文=編集部)