NEW
連載
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

国民全体を戦争に掻き立たせることも…クラシック音楽の持つ“魔力”

文=篠崎靖男/指揮者
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【完了・7日掲載希望】国民全体を戦争に掻き立たせることも…クラシック音楽の持つ魔力の画像1
「Getty Images」より

 世界60カ国以上で約1億4000万人のユーザーを抱え、4000万曲以上の楽曲を保有している音楽配信サービス会社「Spotify(スポティファイ)」。すでに愛用している方も多いかと思いますが、特徴的なのは、有料会員のほかにいる無料会員の存在です。実は同社は、この無料会員によっても収益をあげています。それは曲と曲の間にナレーションとBGMによる音声広告「デジタルオーディオ広告」を挿入し、広告を出稿する企業から広告料を得ているのです。

 今、聴覚への広告が注目されています。スポティファイがオーディオ広告を実施したところ、ユーザーの89%がその広告を認知したと回答しています。ほかの調査によると、ディスプレイ(文字や画像)による視覚への広告の認知度は59%程度なので、聴覚での広告は視覚のものに比べて記憶に残りやすいという歴然とした差がデータで証明されたといえます。これは、自分の表現を音で伝える音楽家にとっても、大変興味深い調査結果です。

 このことから、音楽は人々を感動させるだけでなく、人々を扇動、誘惑するためにも使われてきた理由がよくわかります。教会でのミサの音楽から、初ドライブデートの際のロマンチックなBGMまで、人間の感情を左右させることができる音楽ですが、歴史的にみると、この特性は政治的に悪用されることも多かったのです。

音楽で兵士を鼓舞したドイツとロシア

 あるひとりの音楽好きな青年が、新しいオペラの上演を固唾を飲んで見つめていました。それは、耽美、退廃主義の異色作家オスカー・ワイルドが1891年に新約聖書を題材に書きあげた戯曲『サロメ』を基に、ドイツを代表する作曲家リヒャルト・シュトラウスが作曲したオペラです。同作は1905年にドイツでの初演でセンセーションを巻き起こし、早速、翌年にはオーストリアのウィーンで上演されました。20世紀の音楽に大きな影響を与えた作曲家たち、マーラー、シェーンベルク、プッチーニと一緒に客席に座っていたこの青年は後年、国家社会主義ドイツ労働者党、すなわちナチスをつくりあげたアドルフ・ヒトラーです。

 第二次世界大戦中にドイツ建国以来最大の悲劇を引き起こしたといわれるヒトラーですが、若いころは画家になることを夢見てウィーンの美術学校入学を目指していました。もし、その時に彼が美術学校に落ちていなければ世界の歴史は変わったのではないかと、ウィーンでは今もなお語られています。

 そんなヒトラーは、ワーグナーのオペラ、特に歌劇『ニュルンベルクの名歌手』が大好きでした。しかも、彼は個人的な趣向だけでなく、オペラをドイツ国民に対して政治利用できると考えたのです。当時、第一次世界大戦に敗れ、国の経済も破綻し、誇りをも失いかけていたドイツ国民に対して、このオペラの持つドイツ精神を讃えるテーマは、ヒトラーがドイツ国民全体を鼓舞し、洗脳するためには最適だったのです。

 それはナチスの党大会を、このオペラの舞台であるニュルンベルクで毎年行ったくらいの徹底ぶりでした。ドイツの地方都市でしかないこの街に、ローマのコロッセオを模してつくらせた巨大な野外会場と、パレードに使えるような大きな道路をつくってしまうほど、常軌を逸していました。僕が当地のニュルンベルク交響楽団を指揮した際には、その野外会場の一室がオーケストラのリハーサル室として使われていました。それほど巨大な建造物です。

関連記事