スクープ!千原せいじ独占告白!YouTuberデビューと不倫報道の全真相の画像1
千原せいじ(千原兄弟)

 お笑い芸人の梶原雄太(キングコング)がYouTuber(ユーチューバー)・カジサックとして、自身のチャンネル登録者数100万人を突破(現在は約149万人)したことは大きな話題となった。そして、カジサックに続けと多くの芸人がユーチューバーデビューしている。

 そんななか、このタイミングで千原兄弟のツッコミ担当・千原せいじも先月、YouTubeチャンネルを開設した。ITとは無縁に思えるアラフィフ芸人が、なぜYouTubeを始めることになったのか。11月14日発売号の「週刊文春」(文芸春秋)によって報じられた、今年2度目の不倫報道と関係はあるのか。Business Journalは、騒動後初めての独占インタビューを行った。

効率化した日本に「だからなんやねん!」な動画を

――先月からスタートしたせいじさんのYouTubeチャンネル「きいたんやけどおじさん」とは、どういったチャンネルなのでしょうか?

せいじ タイトルのまんま「こういうこと聞いたんやけど……」って話を、ひたすら話す動画です(笑)。休憩時間や楽屋でする会話を延々としているだけの。

――動画拝見しましたが、確かにそのとおりの内容でした(笑)。なぜまたこういったチャンネルをつくったのですか?

せいじ 俺らの子供の頃って、テレビはあくまでファンタジーの世界だったんですよ。でも最近のテレビって真実かどうかをすごく追求するやないですか。やれ「やらせだ!」とか「コンプライアンスが」とか、すぐ言うでしょ。そんなの何がおもろいねんと。そういうことに対してのストレスもあって、みんなが耳にしたことを適当にしゃべってみようかって話になったんです。真実か嘘かなんてどうでもよくて、ただ聞いた話を話す。たとえば「ツチノコってのがいるらしいぜ」みたいな日本の七不思議的なノリって、今だからこそ楽しめるんやないかと。

――都市伝説とか噂話のような古き良きノリってありますよね。

せいじ そう。意味がないことを楽しめるのって、実は贅沢なことなんですよ。これは聞いた話やけど、というか見たんやけど、アフリカに行ったときに30歳過ぎの働き盛りの男が、マンゴーの実を取るために下からずっと石を投げてたんですよ。棒とかハシゴ使ったらすぐ取れるのに。でも、こういう一見アホみたいな行動でも、考えてみればむちゃくちゃ優雅な時間やないですか。今の日本人は合理化、効率化ばっかり。日本人は死ぬまでこんなアホな時間持てへんでしょ。でも本当は、この時間が大切やねん。

――なるほど。ではせいじさんの動画は、効率化が進みすぎた現代社会へのアンチテーゼだと?

せいじ いやいやいや、そんなところまで考えてません。あくまで行き当たりばったりに話したいこと話してるだけ(笑)。俺自身もYouTubeがなんなのか、何もわからず手探りでやってる状態ですしね。ただ、すべてに意味を持たす必要はないってことを伝えたいのはあるかな。「だからなんやねん!」というものをお届けするという。

RANKING

関連記事