NEW
ジャーナリズム

ヘイト本を生んだ「無自覚」。出版社と本屋の“罪”を問う/永江朗インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

ヘイト本を生んだ「無自覚」。出版社と本屋の罪を問う/永江朗インタビューの画像1

永江朗氏

 2019年は日韓関係の悪化が進行した1年だった。本屋に行って差別的な言葉を目にする機会も増えた。

 たとえば、「韓国なんて要らない」というキャッチコピーをつけた「週刊ポスト」(小学館)2019年9月13日号の記事が大炎上したのは記憶に新しい。

 しかし、「週刊ポスト」はほんの一例。新書コーナーなどを歩けば、韓国や中国に対して醜悪な言葉を叩きつける、いわゆる「ヘイト本」が多数並んでいる。

 多くの本屋を取材し、出版業界や出版文化に詳しい永江朗氏は、こういった状況を指摘しながら「本屋をのぞくのが苦痛になってきた」と語る。

 この状況はなぜ引き起こされ、そして続いているのか。『私は本屋が好きでした あふれるヘイト本、つくって売るまでの舞台裏』(太郎次郎社エディタス)を出版したばかりの永江朗氏に話を聞いた。