正解のないWEBマガジン~wezzyより】

GSOMIA継続の裏の意味~日韓に圧力をかける米国の深慮遠謀の画像1

「Getty Images」より

 それは効力が切れる6時間前のぎりぎりの決断でした。韓国政府は11月22日午後6時に、「日韓軍事情報包括保護協定」(いわゆるGSOMIA)の破棄決定をいったん停止する、と発表しました。つまり、協定を継続することとしました。これまで韓国政府は一貫して、日本が半導体関連材料などの輸出規制を見直さなければ継続しないと言い張ってきました。それを最後に覆した裏には、米国の圧力がありました。

 実際、期日を迎える直前になって、米国はエスパー国防長官を筆頭に、国防、安全保障担当の幹部を相次いで韓国に派遣。韓国がGSOMIA破棄を取りやめ、これまで通り協定を継続するよう、強い圧力をかけました。韓国では国民世論の半数以上がこの協定を「破棄すべき」となっていたなかで、やむなく苦渋の決断をしたことになります。

 もっとも、韓国にだけ圧力をかけたのでは、これを飲まされた韓国政府の立場が苦しくなるので、日本にも協力を求めました。これまで「ボールは韓国側にある」として交渉の余地なしとしてきた日本も、結果的に日韓局長級の協議復活に応じることになりました。協議が続く間は、韓国側も日本をWTO(世界貿易機関)に輸出規制問題を提訴しない、ということにしました。