片瀬那奈、自発的な薬物検査で陰性が逆に波紋「抜き打ちじゃないと無意味」の画像1
@nana_katase • Instagram写真と動画」より

 麻薬取締法違反で12月6日に起訴された女優・沢尻エリカ被告。同日に保釈され、謝罪文を発表して更生を誓ったものの、損害賠償の金額は芸能界史上最高の“20億円”とも報じられている。

 沢尻被告は6日、所属するエイベックス・マネジメントの公式サイトを通じて謝罪コメントを発表した。そのなかで「今後、違法薬物と決して関わりを持つことのないよう、人間関係を含めたつながりを一切断つことを固く決意し、専門家の指導も受けて、立ち直ることをお約束します」と宣言していた。また、エイベックス・マネジメントも「皆様におかれましては様々なご意見があるとは存じますが、弊社といたしましては弁護士を含めた専門家の指導の下、本人を更生するための支援をいたします」と謝罪文を発表した。

 一方、12月10日配信の「WEB女性自身」では、沢尻被告の賠償金について言及。“所属事務所関係者”が「大河ドラマの撮り直しやCM降板、そのほか細かい仕事の補填などの費用がかさんでしまい、社内では20億円まで膨らんでしまったといわれています」と証言している。また、同記事では、かつて不倫報道によりCMを降板したタレント・ベッキーと沢尻被告を比較。ベッキーの違約金は当時の芸能界史上最高クラスの“約5億円”とされているが、沢尻被告の20億円という数字が正確なら、ベッキーの4倍という巨額になる。

 沢尻被告の賠償金報道を受けてネット上にはさまざまな意見が飛び交っており、以下のような声が上がっている。

「これだけのリスクがあっても10年以上やめられないって重度の中毒者なのでは」

「でも実際は本人が20億円も払うというより、事務所が一部を肩代わりしたりするんでしょ?」

「普通の感覚なら契約解除でしょう。少なくともなんらかのペナルティはあって然るべきだが、事務所の“更生を支援する”みたいなコメントには疑問」

「保釈のときもずっと隠れていたし、誠意が感じられない」

「事務所はまだ沢尻に商品価値があり、金づるだと思ってるから手放せないんだろうね。いずれ復帰させるのを狙っているはず」

 また、12月9日配信の「週刊女性PRIME」では、沢尻被告とプライベートで親交のあった女優・片瀬那奈について報道。片瀬は情報番組で沢尻被告の薬物使用を知らなかったと発言し、自らにも疑惑の目が向けられ始めたことから、所属事務所に尿鑑定と毛髪鑑定を申し出たという。週刊女性PRIMEの問い合わせを受けて、事務所は鑑定結果が“陰性”だったと認めているものの、ネット上では以下のように物議を醸している。

「本当にやっていなかったとすれば、とんだとばっちりで気の毒」

「本人の申し出でやれば、そりゃ陰性でしょ。こういう検査は抜き打ちでやらないと意味がないと思う」

「本人はやってなかったとしても、沢尻エリカが薬物やってたことを知らなかったというのは、ちょっと信じがたい」

「検査結果より、疑われるような行動をしているのが問題なのでは?」

「こんなの茶番。そもそも10年以上クスリやってるって自分で言ってる沢尻が検査で陰性だったじゃん!」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ