NEW
矢野耕平「塾の小窓をのぞいたら」

中学受験でわが子が得られる「絶大な財産」とは?大学受験でトクかどうかは極めて些末なこと

文=矢野耕平/中学受験指導スタジオキャンパス代表
【この記事のキーワード】

, ,

中学受験でわが子が得られる「絶大な財産」とは?大学受験でトクかどうかは極めて些末なことの画像1
「Getty Images」より

中学受験で得られる財産とは?

 わが子に中学受験の道を選択させることは、高校受験に比べれば断然「トク」なのだろうか。早期のうちから高額の費用を支払って通塾するのだから、きっとそうであるに違いない。そうお考えになる保護者もいるだろう。

 結論から申し上げると、高校受験に比べて中学受験のほうが「トク」をして、そして「ラク」できることが多い。それは確かなことだ。しかしながら、一方で中学受験の経験がわが子に傷を残したり、学校の選択を見誤ることでわが子に大きな後悔をさせてしまったりという「リスク」もこれまた存在する。

 中学受験で得られる最も大きな財産は、受験勉強を通じて学ぶことの土台を築ける点である。こんなことを言うと、「大学受験に有利だからではないのか?」「中高一貫ならではの練られた教育を受けられるからではないのか?」という突っ込みが入るだろう。確かに条件付きではあるが、それらの側面もある。ただ、中学受験の現場で長年指導をしている身からすると、それらは「些細」なことに感じられるくらいだ。

中学受験でわが子が得られる「絶大な財産」とは?大学受験でトクかどうかは極めて些末なことの画像2
『早慶MARCHに入れる中学・高校』(朝日新書/朝日新聞出版)

 それでは「学ぶことの土台」とは、なんだろうか。実例を挙げて説明していきたい。わたしのに通ったひとりの女の子の話である。

算数で苦しんだ女の子の話

 彼女は小学校4年生のときからわたしの経営する塾で学び始めた。塾に通い始めてすぐに彼女は高い壁にぶつかってしまう。とにかく「算数」に強烈な苦手意識を示してしまったのである。そして、その意識は小学校5年生になってもなかなか解消できずにいた。

 算数以外の3教科(国語・理科・社会)はどれも平均以上の成績を収めていたので、彼女は学力別3クラス体制のなかで、1番手のクラスと2番手のクラスを行ったり来たりを繰り返していた(わたしの塾はおよそ2カ月に1度のペースでカリキュラムテスト結果に基づいた「クラス分け」がおこなわれる)。

 あれは小学校5年生の秋のこと。再び1番手クラスに上がったばかりの彼女の母親からこんな連絡があった。

「先生、お願いですから娘のクラスを1つ下げてもらえませんか。算数がさっぱりわからずに、毎晩のように泣きながら机に向かっているのを見るのは、母として見るに耐えられません」

 聞けば、彼女から「クラスダウン」の希望を口にしたわけではないという。とにかく自分が「できない」のが悔しくてたまらないとのこと。そのとき、わたしは塾の自習室の活用や担当講師に積極的に質問を持ちかけるように提案をした。彼女の心はまだ折れていない。そう判断したからだ。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ