NHK、会長も経営委員長も安倍首相支援の「四季の会」メンバーか…揺らぐ公共放送の中立性の画像1
前田晃伸氏(写真:ロイター/アフロ)

 NHKの次期会長に決まった元みずほフィナンシャルグループ(FG)会長の前田晃伸(てるのぶ)氏(74)は10日、東京・渋谷のNHK放送センターで記者会見し、「公共放送として信頼される番組づくりを続けていく」と語った。

 会見の冒頭に、「突然の話だったので家に帰ってカミさんに初めて言ったら、『そんなのやめておけ』と言われました」と明かした。妻に関しては家族構成を説明する際に「恐ろしいカミさんと2人」と紹介。過去にマスコミに追いかけられた際に妻に怒られたとし、「今回も同じことが昨日、起こりました。ぜひ、事情をご理解して」と報道陣を笑わせた。

 2011年に不本意なかたちでみずほFGの特別顧問を退任した前田氏は、久々の表舞台への復帰となる。来年1月25日就任予定で任期は3年。上田良一会長(70)からバトンを渡される。

 当初、上田会長の続投が有力だった。ところが、9月以降、上田氏は逆風に見舞われる。かんぽ生命保険の不正販売を報じた『クローズアップ現代+』をめぐり、NHK経営委員会が上田会長を厳重注意し、上田会長が郵政側に謝罪文書を送付する事態に追い込まれた。経営委員会は12月9日、上田会長の再任を認めず、前田氏を全会一致で選出した。

 NHK関係者の間では、「政権に批判的な報道に不満を持つ首相官邸が、安倍政権とベッタリなNHK幹部と連携して人事を主導した」と受け止められている。任期満了を迎えたNHK経営委員会の石原進委員長(JR九州相談役)の置きみやげともいわれ、安倍政権に最も都合がいい人選になったといえる。

 12月24日の経営委員会で新委員長を互選で選出するが、もし委員長に三井物産顧問の槍田松瑩(うつだしょうえい)氏(76)が就任すれば、三菱商事出身の上田氏が会長のままでは両ポストが総合商社出身者となるため、それを避けた可能性もある。

「四季の会」のメンバー

 前田氏は会見で安倍晋三首相を囲む財界人でつくる「四季の会」との関わりを問われ、メンバーだったことを認めた。一方で、「権力を持った政権が報道機関からチェックされるのは当たり前。きちっとした距離を保つ。どこかの政権とべったりということはまったくないし、その気もない」と断言した。安倍首相の“お友だち”財界人が集う四季の会は、JR東海の葛西敬之・取締役名誉会長と富士フイルムホールディングス(HD)の古森重隆会長の2人が中心メンバー。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ