NEW
エンタメ

JRA有馬記念、売上4百億円&1千万人が参加の一大イベント…マスコミが報じない裏側

文=編集部
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA有馬記念、売上4百億円&1千万人が参加の一大イベント…マスコミが報じない裏側の画像1
有馬記念で臨時収入のチャンス

 今週末は、いよいよ2019年最後の祭りともいえる有馬記念が行われる。19年JRA(日本中央競馬会)の集大成であり、ファン投票で選ばれた馬が優勝賞金3億円をかけ激突するドリームマッチだ。今年の出走予定馬は、豪華絢爛。G1レースを勝利した馬が、なんと11頭も顔を揃えているのだ。さらに、このレースを最後に引退する馬も数頭おり、有終の美が飾れるか、または新時代の到来を示すか、それとも最強馬がその称号を証明するのか、まさに注目の一戦。その出走予定馬は、以下の通り。

アーモンドアイ(ジャパンカップ、天皇賞・秋など)

アエロリット(NHKマイルカップ)

アルアイン(皐月賞、大阪杯)

キセキ(菊花賞)

シュヴァルグラン(ジャパンカップ)

スワーヴリチャード(ジャパンカップ、大阪杯)

フィエールマン(菊花賞、天皇賞・春)

リスグラシュー(宝塚記念、エリザベス女王杯)

レイデオロ(日本ダービー、天皇賞・秋)

ワールドプレミア(菊花賞)

サートゥルナーリア(皐月賞、ホープフルステークス)

ヴェロックス

エタリオウ

クロコスミア

スカーレットカラー

スティッフェリオ

 現役最強馬・アーモンドアイの出走も決定しており、空前絶後の盛り上がりとなることはいうまでもない。馬券売上は400億円を超え、そして競馬場には15万人を超える競馬ファンが訪れるとみられる。また、競馬ファンにとって有馬記念は是が非でも的中させたいレース。競馬ファンでなくても、「有馬記念は馬券を買ってみようかな」と考える人も多いだろう。それだけ有馬記念は年末の国民的行事として浸透しているのだ。

 では、有馬記念を的中させるために必要なものは何か。それは本物の関係者情報であろう。有馬記念は年末に行われるがゆえに、さまざまな事情がある。たとえば、この秋にレースで走ってきた馬は、疲労で状態が上がらないが、有馬記念に出走することに意義があるので“記念参加”で出走するといったもの。さらに、引退レースなので、勝ち負けを度外視して“最後のお披露目”の場として出走するというもの。クラブ所有の馬で、宣伝も兼ねて出走させるということもある。逆にこのレースを最大目標に調整してきた馬もいる。このように、出走馬それぞれに“思惑”や“狙い”があるのだ。

JRA有馬記念、売上4百億円&1千万人が参加の一大イベント…マスコミが報じない裏側の画像2
昨年も波乱の結果になった

 そんななか、それらを把握せずに馬券を購入するのはリスクが大きい。マスコミの報道によって、状態が良くないのに人気になってしまう馬がいるからだ。しかし、既存のマスコミが発行するスポーツ紙や競馬専門紙、あるいはテレビの競馬番組などを見ても【関係者の本音】は把握できない。関係者がそういった思惑を公開することは、まずないからだ。チャンスがある馬がその意気込みを語れば、ほかの陣営からマークされてチャンスが減るし、状態が良くないのに出走させれば、それは批判にもつながる。そういった意味でも、関係者が本音を語ることはほとんどないのだ。

 では、何を参考にすればいいのか。答えはひとつである。現役の競馬関係者と密接な関係にあり、本物の情報を入手できる競馬関係者たちの情報を利用すればいいのだ。

 まさにうってつけの会社がある。それが創業25年という老舗であり、多くの元競馬関係者が所属し、多くの現役関係者からも信頼を集めている「シンクタンク」だ。同社に所属するのは、競馬界を代表する大物ばかり。元JRA調教師の増沢末夫、境征勝、平井雄二、中野渡清一や、元JRA騎手の安田富男といった競馬界のレジェンドたちがズラリ。さらに、全国に情報収集態勢を構築し、そこで得られる唯一無二の情報を基に、“完全買い目”として競馬ファンに提供しているのだ。この秋も数々の的中を積み重ね、その情報力と実績は業界最高といっても過言ではない。

「シンクタンクさえあればスポーツ紙も競馬新聞もいらない。無駄な紙代が減ったよ」と語る競馬ファンも多く、熱烈なユーザーが全国に存在。さらに、競馬関係者からの信頼も厚く、「シンクタンクさんだけは特別ですよ」と語る厩舎関係者も少なくない。ファンや関係者からこれほどの評価を集めるシンクタンクは、やはり競馬界の中でもやはり別格の存在といえよう。

JRA有馬記念、売上4百億円&1千万人が参加の一大イベント…マスコミが報じない裏側の画像3
シンクタンクの平井雄二・元JRA調教師

 つい先日はG1レースの阪神ジュベナイルフィリーズを筆頭に、香港マイルでも3連単・3万6880円、馬連・4440円、3連複・3760円といった好配当を的中。さらにほかのレースでも、マスコミ無印馬の激走を見抜いて3連単・8万9060円を的中させるなど、毎週のように高配当の的中を連発。また、有馬記念に関しても、過去10年で7度的中させているが、その配当も7万8260円を筆頭に昨年の2万5340円など万馬券を多く当てており、実績は申し分ない。そんな彼ら以外に、この有馬記念を託せる存在はない。その注目の大一番へ向けて、彼らはこう語っている。

「アーモンドアイが出走するか否か直前まで決定しなかったように、出走馬のほとんどを占めるノーザンファームサイドの思惑が重要です。そして外国人騎手の存在と年度代表馬を狙う陣営の思惑。有馬記念はほかのG1レースと比較して、関係者の思惑が特に反映されるレース。もちろん、そのあたりの裏事情は完璧に把握しています。

 有馬記念は過去10年で7回的中と、当社にとって自信のレース。今年も早くから情報ルートたちが動いており、現時点でも2万馬券的中の去年と同レベルか、それ以上の配当も期待できると手応えを掴んでいます。期待していただいて結構ですよ。

 また、この有馬記念は、より多くの人に参加して楽しんでいただきたいので、今回我々が入手した情報を無料で公開いたします。馬券の参考になることは間違いありません。完全無料ですので、遠慮なく利用してください」

 これがシンクタンクの見解だ。一般人では想像もできない思惑の数々ではないだろうか。特に注目すべきは、シンクタンクがその有馬記念情報を全国すべての人に無料で公開する意志を示したことだ。有馬記念は日本全国1000万人以上が参加する国民的イベントであり、その馬券売り上げは毎年400億円を超え、社会現象となっている。そしてこのレースを的中させることは、誰もが望むところである。そんな的中に直結する重要な情報を、無料で公開してくれるというのだ。これを利用しない手はない。この有馬記念はシンクタンクの無料情報を活用し、そして的中の興奮と感動、そして臨時収入となる札束を手に入れようではないか。

(文=編集部)

CLICK → 【有馬記念 完全無料公開!】シンクタンク

※本稿はPR記事です。

関連記事