NEW
企業・業界

任天堂スイッチ、空前のヒットに隠れる死角…リメイク頼みでマンネリ感、開発力低下か

文=沼澤典史/清談社
【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
任天堂スイッチ、空前のヒットに隠れる死角…リメイク頼みでマンネリ感、開発力低下かの画像1
「チャイナジョイ2019」の様子(写真:ロイター/アフロ)

 8月にバッテリーを強化した新型を発売し、9月には携帯モードに特化した廉価版を発売した「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」。2017年の発売以来、盤石の人気を誇るかのように見えるが、その地位は安泰なのか。スイッチ人気の理由と現状の課題について、ゲーム事情に詳しいコラムニストのジャンクハンター吉田氏に聞いた。

携帯に特化した「スイッチライト」が大ヒット

 スイッチの販売台数が好調だ。国内累計販売台数は約949万台(2019年10月時点、ゲーム情報誌「ファミ通」調べ)を記録。さらに、スイッチと携帯型の「Nintendo Switch Lite(ニンテンドースイッチライト)」の北米での販売台数も合計1500万台を超え、世界累計3687万台を売り上げている。

 かつて任天堂から販売された「Wii U」(1356万台)、「NINTENDO 64」(3293万台)、「ニンテンドー ゲームキューブ」(2174万台)の最終販売台数を上回っており、スイッチは成功を収めているゲーム機といえるだろう。

 スイッチの好調を後押ししたのが、手軽に携帯できるスイッチライトの発売だ。9月20日に発売されたスイッチライトの販売台数は、発売から3日間で17万7936台を突破した。この携帯専用機が発売された経緯について、吉田氏はこう語る。

「もともと、スイッチは家でも外でもプレイできるというコンセプトでした。しかし、実際は家で据え置きにしている人も多かった。そこで、最初のコンセプトに戻すために、携帯に特化したライトを発売したようです。そのほかにも、近年では業界のメインとなっているスマホゲームに対して、携帯ゲーム機のパイオニアとしてのプライドもあったのかもしれないですね」(ジャンクハンター吉田氏)

 ただし、そのコンセプトが浸透しているかどうかは疑問だという。

「その意気込みのわりには、スイッチを外で遊んでいる人は少ないですね。スマホよりもサイズが大きいし、外で遊んでもらうために無理にバッテリーの容量を増やしたため、重さもある。ただ、ジョイコンの不具合が改善されたのは喜ばしいことです」(同)

スイッチに潜む弱点とは

 課題もあるものの、スイッチシリーズの人気はその販売台数に表れている。しかし、吉田氏は盤石に見えるスイッチの弱点を指摘する。

「スイッチならではの新しいタイトルが出てこないんです。任天堂のお家芸ではありますが、既存の人気タイトルのシリーズものかリメイクものばかり。最近のヒット作の『スプラトゥーン』も、もともとはWii Uで発売されたものですし、いまだにWii U版を好むファンがいます。任天堂が新規IP(IP=知的財産/完全新規タイトルの意味)でスプラトゥーン以降の大型ヒット作がないことが、スイッチの寿命を縮めてしまうかもしれません」(同)

 任天堂は、いまだに「マリオ」や「ゼルダ」といった人気シリーズに頼っているということだ。それでもシリーズを刷新するような新機軸が打ち出せればいいが、多くは過去のデザインを踏襲したものばかりでマンネリ気味の感が否めない。

関連記事