大戸屋『ガイア』密着で“壮絶なブラック企業ぶり”を全国に晒す…早くも客離れの兆候

大戸屋HDを直撃

 そこで、大戸屋ホールディングスに取材を申し込み、広報担当者から以下のような回答を得た。

――放送後、貴社への反響や問い合わせなどは何かありましたでしょうか。

「お客様相談室に何件かいただいております」

――視聴者から「ブラック労働」「イメージダウンにつながる」との声が出ており、利用を敬遠するような動きも見受けられますが、それらの反応に対してどのように受け止めていらっしゃいますでしょうか。

「貴重なご意見として、真摯に受け止めていきたいと考えております。今後も安全・安心なメニューの提供をブレずに継続していきたいと考えております」

――番組内での山本社長の店主に対する言動が「パワハラ的」との意見もありますが、貴社としてはどのように受け止めていらっしゃいますでしょうか。

「貴重なご意見として、参考にさせていただければと考えております」

――番組内で山本社長は「がんばったら給料が減ったという仕組みには絶対ならない」とおっしゃっていましたが、具体的にどのような仕組みづくりをされているのでしょうか。

「給与体系の詳細に関しては回答は控えさせていただきます。働きやすい環境づくりに関しては、以前から継続して取り組んでおります」

――番組制作サイドとは、どのようなすり合わせの下で撮影・放送されたのでしょうか。

「十分な協議の下で撮影されております」

 ちなみに、大戸屋の公式ツイッターは放送直前に「あ~!放送直前の今、とってもドキドキしています!!ぜひご覧ください」と投稿してから沈黙していたが、12日午後に「『ガイアの夜明け』をご覧頂いた皆様、ありがとうございました。現在も残業時間を含め、働き方の改革中です。ご視聴頂いた皆様からのご意見を誠実に受け止め、社員の皆さんが健全に働ける環境づくりを会社全体で取り組んで参ります。この度は貴重なご意見をありがとうございました」とツイートしている。

 2019年9月期の中間決算で、大戸屋は上場来初の営業赤字を記録した。空前の人手不足といわれる飲食業界のなかで、大戸屋の働き方改革はどのような進展を見せるのだろうか。

(文=編集部)

編集部イチオシ企画
Pick Up News

RANKING

企業・業界

ビジネス

総合

SNS