NEW
エンタメ

ジャニーズ内で中居正広が完全孤立、ジャニタレと接触させず…「舞祭組」使用自粛を要請

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中居正広

 2016年のSMAP解散以降、ジャニーズ事務所からの退社説が燻り続けている中居正広。テレビで5本、ラジオで1本のレギュラー番組を持ち、雑誌連載を2本も抱えるなど確固たる地位を築いているが、7月に元事務所社長のジャニー喜多川氏という後ろ盾を失って以降、事務所内ではますます浮いた存在になりつつあるという。

 ここ数年のジャニーズ事務所といえば、山口達也の退社によるTOKIOのバンド活動休止、タッキー&翼の解散、関ジャニ∞のメインボーカル2人の退社、そして嵐の2020年いっぱいでの活動休止発表と、落ち着かない状況が続いている。そんななか、昨年いっぱいで芸能活動を引退して今年9月には事務所の副社長に就任した滝沢秀明氏は、各方面へのタレントの売り込み活動に熱心に取り組んでいるという。

「知名度も実力もまだまだなジャニーズJr.のグループを、どんどんゴリ推ししてきます。事務所の大きな看板と、滝沢がこれまでタレントとして培ってきた信用があるため、大手メディアもそれを引き受けるのですが、レベルの低いJr.との仕事を嫌々やっている関係者も多いです。ジャニーズの現状を考えて焦る気持ちはわかりますが、テコ入れの仕方がやや強引過ぎるのではないかと感じます」(テレビ局関係者)

 そんなジャニーズのなかでも、中居と縁が深いのが人気グループのKis-My-Ft2だ。13年放送の『キスマイBUSAIKU!?』(フジテレビ系)にゲスト出演した中居が、7人の中でも人気が高い北山宏光、藤ヶ谷太輔、玉森裕太以外のメンバー4人に目をつけ、4人組の派生ユニット「舞祭組(ぶさいく)」としてプロデュースしたこともある。

 そんな「舞祭組」の宮田俊哉、二階堂高嗣、千賀健永、横尾渉が、来年2月9日から東京グローブ座で上演される舞台『〇〇な人の末路~僕たちの選んだ××な選択~』(作・演出:西条みつとし)で主演することが決まった。

「この4人が舞台主演を一緒に務めるのは初めてですが、事務所からは、舞台の紹介をする際に『舞祭組』という表現は使用しないようお達しがありました。“今回は舞祭組としての仕事ではないから”というのが理由でしたが、メディア関係者なら誰もが連想するのは、滝沢と中居の関係です。中居さんが引き立てた舞祭組でしたが、今では副社長である滝沢の支配下にある。事務所は今、若い所属タレントたちを木村拓哉以外の元SMAPメンバーと接触させないようにしているようです。

 中居が現在もジャニーズに所属しているのは形式的な書類上の話だけで、事務所内では完全に孤立した状態で、滝沢を含む幹部たちとの不協和音も聞こえてきます。だからこそ、退社説が消えないわけです」(スポーツ紙記者)

 中居退所の“Xデー”は近いのだろうか。

(文=編集部)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事