生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 テレビに接続するだけで、多くのストリーミングサービスが楽しめるAmazonの「Fire TV」。大画面テレビで映画やライブなどを楽しんでいる人も多いだろう。ここでは、Fire TVがもっと快適になる設定や使い方を紹介しよう。

【1】自分好みのスクリーンセーバーに設定する

「Amazon Fire TV」をもっと便利にする、あまり知られていない機能や使い方10選の画像1
(Image: Homesh Nasre / Shutterstock.com)

 一定時間操作しないと表示されるスクリーンセーバーは、自分好みの画像に変更が可能。画像を切り替える時間や、スクリーンセーバーを表示するまでの時間なども変えられるので、好みの設定に変更しておくといいだろう。

【2】ヘッドフォンなどのBluetooth機器を接続する

 深夜など、大きな音を流せない場合はBluetoothヘッドフォンなどを使うのがベスト。Fire TVはBluetooth機器への接続が可能なので、手持ちの機器をペアリングしておけば、いつでも周りに迷惑をかけずに楽しめる。

【3】スマホをリモコン代わりにする

 Fire TVは付属のリモコンで操作することが多いが、検索などの文字入力は非常にやりにくい。そこで活用したいのがスマホ。「Amazon Fire TV」アプリをインストールしておけば、スマホをすぐにリモコンとして利用できる。文字入力もスマホならやりやすいはずだ。

【4】テレビへの表示を最適化する

 Fire TVは、自動で接続したテレビに適した状態で表示される。しかし、まれにうまく自動設定ができないことがある。テレビ画面への表示がおかしい場合は、設定メニューの「ディスプレイ」で設定を変更できる。

【5】鬱陶しいアプリからの通知を減らす

 Fire TVは、インストールされているアプリから通知が届くことがある。しかし、アプリによっては頻繁に通知が届き鬱陶しく感じることも。Fire TVはアプリごとに通知を名管理できるので、邪魔なアプリの通知をオフに設定しておけばスッキリする。

【6】Amazonに送信するデータを制限する

 Fire TVを使っていると、利用したデータがAmazonによって収集され、広告配信などに利用される。しかし、データを収集されるのは嫌だ! と思う人もいるだろう。そんなときは、「プライバシー設定」を変更しておくのがお勧めだ。

【7】子供に見せたくないコンテンツを制限する

 Prime Videoなどでは、子供向けではないコンテンツも配信されている。子供が勝手に操作して、そのようなコンテンツを見られないようにするには、コンテンツの利用制限を設定しておこう。

【8】拡大鏡を使って画面を拡大する

 Fire TVには「拡大鏡」という機能がある。この機能を有効にすると、画面の一部を拡大して表示できる。画面の文字が小さくて見づらいという人は、この機能を使えばもっと快適に利用できる。

【9】Fire TVからウェブサイトをチェックする

 Fire TV向けに、ブラウザーアプリの「Firefox」が提供されている。「Firefox」をインストールしておけば、大画面のテレビからウェブサイトへのアクセスできる。テレビでTwitterを楽しむといった使い方も可能だ。

【10】Amazonのサイトからアプリをインストールする

 Fire TVからアプリを探すのは結構めんどくさい。パソコンが使える人なら、パソコンからインストールするのが最も手軽な方法。AmazonのサイトにはFire TV用アプリも用意されており、配信先を指定すればここからインストールができる。

 Fire TVには、あまり知られていない便利な機能や使い方が多くある。初期設定でも問題なく使えるが、今回紹介した設定や方法を知っておけばより快適になるはずだ。Fire TVを活用している人は、ぜひ今回紹介した方法を参考にしてほしい。

続きは【オトナライフ】で読む

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ