NEW
連載
鷲尾香一「“鷲”の目で斬る」

パワハラ該当/非該当の細かい具体例、国が公表…叱責メール、業務無関係の指示もアウト

文=鷲尾香一/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

「パワーハラスメント(パワハラ)」という用語は、今や誰もが知る言葉となった。だが、パワハラとは何を指すのかについて、明確に答えられる人は少ないだろう。厚生労働省が示した「職場におけるパワーハラスメントに関して雇用管理上講ずべき措置等に関する指針の素案」にはその具体例が明示されている。だが、あまりにも“抜け道”が多く、おおよそ機能するとは思えない。

 同指針では、職場のパワハラを「事業主が職場において行われる優越的な関係を背景とした言動であって、業務上必要かつ相当な範囲を超えたものにより、その雇用する労働者の就業環境が害されること」と定義している。対象となる労働者は、正規雇用労働者のみならず、パートタイム労働者、契約社員、派遣社員等いわゆる非正規雇用労働者を含む事業主が雇用する労働者のすべてだ。

 さらに、職場におけるパワーハラスメントとは、(1)優越的な関係を背景とした言動であって、(2)業務上必要かつ相当な範囲を超えたものにより、(3)労働者の就業環境が害されるものであり、(1)から(3)までの要素をすべて満たすものと条件付けている。ただし、客観的にみて、業務上必要かつ相当な範囲で行われる適正な業務指示や指導については、職場におけるパワーハラスメントには該当しないとしている。

 では、(1)から(3)までの要素とは、具体的にどのようなものを指すのか。指針では、以下のように定義している。

<優越的な関係を背景とした言動>

 当該事業主の業務を遂行するに当たって、当該言動を受ける労働者が行為者に対して抵抗または拒絶することができない蓋然性が高い関係を背景として行われるもの

・職務上の地位が上位の者による言動

・同僚または部下による言動で、当該言動を行う者が業務上必要な知識や豊富な経験を有しており、当該者の協力を得なければ業務の円滑な遂行を行うことが困難であるもの

・同僚または部下からの集団による行為で、これに抵抗または拒絶することが困難であるもの

<業務上必要かつ相当な範囲を超えた言動>

 社会通念に照らし、当該言動が明らかに当該事業主の業務上必要性がない、またはその態様が相当でないもの

・業務上明らかに必要のない言動

・業務の目的を大きく逸脱した言動

・業務を遂行するための手段として不適当な言動

・当該行為の回数、行為者の数等、その態様や手段が社会通念に照らして許容される範囲を超える言動

<就業環境を害すること>

 当該言動により労働者が身体的または精神的に苦痛を与えられ、労働者の就業環境が不快なものとなったため、能力の発揮に重大な悪影響が生じる等当該労働者が就業する上で看過できない程度の支障が生じること

関連記事