【生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 アナタはもらったボーナスをどのように使うだろうか? もし、銀行で貯金しているだけなら、少しでも金利の高いネット銀行や地方銀行に預けてみてはいかがだろうか? 銀行によっては、大手都市銀行と定期預金金利が最大で27倍も違うのである!

ネット銀行や地方銀行なら最大0.27%の高金利!

冬のボーナスは金利20倍以上のネット銀行や地方銀行に 高金利銀行14選の画像1
(Image:Shutterstock.com)

 今や大手都市銀行の普通預金金利は0.001%、定期預金金利でも0.01%である。これは100万円を定期預金で1年間預けても100円(税引き後は80円)しか金利が付かないということだ。しかも、2020年秋には大手都市銀行でも、いよいよ入出金のない不稼働口座は年1,200円の口座管理手数料が取られるようになると見られている。もし、まとまったお金を銀行に預けているなら、この際、管理方法を見直した方がよいだろう。

 そこでおすすめしたいのがネット銀行や地方銀行である。今ならキャンペーンなどで最大0.27%、つまり大手都市銀行の27倍もの高金利が狙えるのである。なかには「あおぞら銀行BANK支店」のように普通預金でも0.2%の高金利を実現している場合もあるので、面倒くさがらずに金利の高いネット銀行や地方銀行に口座を開設してみよう。そこで今回は、2019年12月現在のキャンペーンなども含め、金利が0.2%以上のお得な14行を紹介したいと思う。

続きは【オトナライフ】で読む

関連記事