生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 iPhoneの写真アプリなどで利用できる「マークアップ」機能で写真を加工している人もいるだろう。しかし、隠したいところをマーカーで塗りつぶすのは非常に危険。明るさやコントラストを調整すると透けて見えてしまう可能性があるからだ。

「マークアップ」機能のマーカーで塗りつぶさない

iPhoneの「マークアップ」での塗りつぶしはコントラスト調整で透けて見える可能性が!の画像1
(Image:Konstantin Savusia / Shutterstock.com)

 写真の隠したい場所を塗りつぶしてからSNSにアップしたり、相手に渡すということがある。このような加工をする場合、iPhoneの「マークアップ」機能を使うのが手軽な方法だ。

 しかし、「マークアップ」機能のマーカーで塗りつぶすのは要注意。マーカーで塗りつぶしても、画像編集アプリで明るさやコントラストを変更すると透けて見えてしまう。これは、マーカーの不透明度が100未満に設定されている仕様が原因だ。実際にiPhoneの写真アプリで利用できる「編集」機能で明るさとコントラストを調整したところ、重ね塗りをしたマーカー部分が透けて確認できてしまった。

続きは【オトナライフ】で読む

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ