NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

山口敬之氏、性被害者の伊藤詩織さんを批判し続ける理由…「復帰への期待」と「特権意識」

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】

, ,

山口敬之氏、性被害者の伊藤詩織さんを批判し続ける理由…「復帰への期待」と「特権意識」の画像1
山口敬之氏(右後方)、FCCJで会見 記者席に伊藤詩織さん(写真:日刊現代/アフロ)

 ジャーナリストの伊藤詩織さんが、元TBSワシントン支局長の山口敬之氏から性的暴行を受けたとして、山口氏に1100万円の損害賠償を求めた裁判で、東京地裁は18日、「(山口氏が)酩酊状態で意識のない伊藤詩織さんに合意がないまま性行為をした」と認めた。そして山口氏に慰謝料など330万円の支払いを命じた。

 これを受け控訴の意向を示した山口氏は、18日と19日に会見を行い、

「明確に性行為に合意はありました」

「私の主張がまったく無視されたかたちで、判決には納得できない」

「伊藤さんは性犯罪被害者ではありません。伊藤さんのように必要のない嘘、本質的な嘘をつく人が性犯罪被害者だと言って嘘の主張で出てきたことによって、私のところにも、性被害を受けたんですという方から連絡があり、お目にかかった方もおります」

「本当に性被害にあった方は、『伊藤さんが本当のことを言っていない。こういう記者会見の場で笑ったり、上を見たり、テレビに出演してあのような表情をすることは絶対にない』と証言しているんですね。今、伊藤さんは世界中で露出をして本当の性被害者として扱われている。本当の性被害にあった方が、嘘つきだと言って出られなくなるのならば、残念だなと思います」

などと語っている。

 一連の山口氏の発言は、国内のみならず海外メディアでも大きく報じられているが、なぜ山口氏は裁判所の判決が出た後も、伊藤さんへの批判を続けているのか。精神科医の片田珠美氏に解説してもらった。

「否認」「利得」「心の平安」

 裁判で性犯罪の加害者と認められた人物が会見を開いて、被害者を一方的に批判し、判決が不当だと公に主張すれば、バッシングを浴びることは、冷静に考えれば容易に想像できそうなものだ。本人にとっても利するところがなさそうに思われるが、こうした行動を山口氏がとるのはなぜなのか? また、性被害を受けたと主張し、さらに裁判でも被害者だと認められた女性を目の前にして、当の被害者を批判するのはなぜなのか?

 主に次の3つの理由によると考えられる。

1) 否認

2) 利得

3) 心の平安

 まず何よりも、自分は合意なき性行為なんかしていないと1)否認するためだろう。そのために「明確に性行為に合意はありました」と主張し、「(伊藤さん)ご本人から、そういう(合意の)言葉はあったか」との質問にも「はい」と答えている。

 ただ、伊藤さんをタクシーに乗せてホテルに連れていった際、伊藤さんが酩酊していたことは、山口氏自身が認めている。そういう状態で、性行為の合意を得ることができたのか、はなはだ疑問である。また、たとえ「ええ」「うん」などの返事があったとしても、伊藤さんは酩酊状態だったのだから、弱った女性につけ込んだという批判は免れないだろう。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ