NEW
ジャーナリズム

質素な暮らしでも月48万円以上が必要…現実との落差に悲痛な声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

質素な暮らしでも月48万円以上が必要…現実との落差に悲痛な声の画像1

Getty Imagesより

 京都地方労働組合総評議会(以下、京都総評)は今月5日、最低生計費試算調査(生活実態調査)の「子育て世帯(30代~50代)」の結果を発表した。

 京都総評が試算したところ、京都市内で30代夫婦と子ども2人の家族が“普通”に暮らすために必要な金額は、月額48万6913円(税・社会保障料込み)だという。

 試算対象となったのは、組合員の中でも30代・40代・50代の「夫婦と未婚子からなる世帯」、いわゆる子育て世帯だ。アンケート調査を実施し(サンプル数は、30代321通、40代481通、50代563通)、京都市伏見区で子育て世帯が「普通に」暮らしていくためにいくら必要となるのかを試算した。