『M-1』上沼恵美子&松本人志のコメントに批判噴出…「感情的」「好み挟むな」の画像1
『M-1グランプリ2019』公式サイトより

 12月22日に放送された漫才コンクール『M-1グランプリ2019』(テレビ朝日系)。お笑いコンビ・ミルクボーイ(駒場孝・内海崇)の優勝で幕を下ろした大会は、例年のように多くの話題を振りまいている。

『M-1グランプリ』といえば思い出されるのは、昨年の大会後に起きた“暴言”問題だろう。大会出場者の武智(スーパーマラドーナ)がインスタライブに動画を投稿し、武智と久保田かずのぶ(とろサーモン)は審査員のタレント・上沼恵美子に対して「辞めてほしい」「自分目線の感情だけで審査しないで」などと批判。さらに動画の中で武智は「更年期障害かって思いますよね」という言葉まで吐き、悪態をつく姿が大炎上を招くことになった。

 上沼は今大会でも審査員を務め、22日の放送では「更年期障害を乗り越えました」と、昨年の騒動に自ら触れつつ会場の笑いを誘い、「いつも真剣にやってるのに。いらんこと言うなよ!」とカメラ目線で若手芸人に釘を刺すような言葉を投げた。そんな上沼の辛口コメントは今大会も健在で、からし蓮根(伊織・杉本青空)を「初々しい」と評価した直後に和牛(水田信二・川西賢志郎)をバッサリ。2人の印象を「横柄な感じ」と受け止めた上沼は、「緊張感もなんにもない、ぞんざいなものを感じました」と評している。

 上沼と同じく審査員を務める松本人志は、放送前に「お笑いのショーレースを否定する人もいますが 今宵もお笑いの猛者達が順位をつけてくれと集まってきます」とツイートして注目を浴びた。一方、審査では厳しい評価を下す場面があり、1組目のニューヨーク(嶋佐和也・屋敷裕政)に「僕の好みなんでしょうけど、最近ツッコミの人って結構笑いながら楽しんでる感じが……。そんな好きじゃないんです」と、率直なコメントを放った。

 ネット上では上沼・松本による評価が賛否を招き、「上沼恵美子と松本人志の言葉は愛情の裏返し。どちらも緊張感を持てという意味で通じていると思う」と好意的に受け止める声もあるが、「上沼恵美子の和牛評価は辛辣すぎる。やはり感情的になっているのでは?」「審査員を務める以上、松っちゃんに“僕の好み”という視点は挟んでほしくなかった」と否定的な反応も目立つ。

 厳しい評価が飛び出した決勝戦だが、今大会は“史上最高の大会”との呼び声が高いのも事実。ミルクボーイの優勝が決まると上沼は感動のあまり涙を流し、松本も「過去最高って言ってもいいのかもしれないですね。数年前なら(今回のメンバーの)誰が出ても優勝してたんじゃないかなっていうレベル」とコメント。ネット上でも「今までで1番腹の底から笑えて幸せな気持ちになれた」「クオリティの高い戦いで芸人たちが輝いて見えますね」といった高い評価が相次いだ。

 次回大会では、笑いとともに、どのようなドラマが生まれるのだろうか。

(文=編集部)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ