綾瀬はるか、熱愛の噂か…週刊誌が狙う“某会社経営者との食事デート”の画像1
綾瀬はるか

 2018年に放送されヒットした連続テレビドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)が来年1月2日、『2020年謹賀新年スペシャル』として帰ってくる。綾瀬はるかが演じる“義母”の亜希子はもちろん、みゆき役の上白石萌歌や井之脇海、佐藤健らメインキャストが勢ぞろいし、前回亡くなった亜希子の夫・良一(竹野内豊)も登場するということで、“ぎぼむす”ファンの期待も膨らんでいるようだ。

 さらに『新年スペシャル』では、亜希子が勤める大阪の大手コンサルタント会社のクライアント・ゴルディックの社長・山本勘九郎に武田鉄矢、亜希子の上司に橋本さとし、みゆきが大学で所属している起業サークルの先輩・桜向日葵役に吉川愛が新たに起用された。

 同作の撮影は終了しているが、綾瀬は“あとは年末はゆっくり”とはいかない。大みそかには『NHK紅白歌合戦』の赤組司会という大役が控えているのだ。仕事面では多忙を極めている様子がうかがえるが、なんでもプライベートでも綾瀬周辺がザワザワしつつあるという。

「新しい恋人がいるのではないかと、噂されています。去年の秋頃から、ある会社経営者と都内の飲食店の個室で食事をする姿が、何度か目撃されているようです。一時期、週刊誌各誌も追っていたようですが、事務所のガードがガチガチのため、2人きりの姿を写真に収めることはできていません。ただ、各誌が今スクープを抜こうと狙っている大物女優の一人であることは間違いありません」(週刊誌記者)

 綾瀬の熱愛報道といえば、2015年に俳優の松坂桃李との交際がスクープされて以来、目立った報道は出ていない。そんな綾瀬は現在34歳。かつてある雑誌のインタビュー取材では、理想のお相手像について、「私の仕事にも理解があって、忙しくて家事に手が回らないときは、自分から掃除をしたり、お料理を作ってくれたりする“お母さん”みたいな人がいいですね」と語っていたが、所属事務所の内情に詳しい関係筋は語る。

「綾瀬はこれまで何度か芸能人との熱愛が報じられてきましたが、結婚に至るまで熱が上がることはなかった。自分でも『結婚したいとまで思ったことはない』と話しているので、まだまだ仕事が楽しいのだと思います。仕事よりも好きな男性に出会ったときに、初めて結婚のイメージがつくのではないでしょうか」

 ちなみに綾瀬が所属するホリプロといえば、石原さとみや深田恭子も企業経営者との交際が報じられてきたが、「ホリプロ関係者に、所属女優と経営者のパイプ役となっている人物がいる」(業界関係者)という情報もある。

 いずれにしても、3月の誕生日で35歳を迎える綾瀬。アラフォーの入り口に立つが、結婚はまだ遠いのかもしれない。

(文=編集部)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ