NEW
エンタメ

嵐、二宮と松本潤“不仲の決定的証拠”…二宮、結婚で人気急落、ファンから批判やまず

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
嵐の二宮和也(左)と松本潤(右)

 今年、多くの人々に衝撃を与えた話題としては、人気ジャニーズグループ二宮和也の結婚が挙げられるだろう。嵐は1月、2020年をもってグループでの活動を休止すると宣言しており、この発表の際して二宮は「2020年のケツのケツまで5人で活動できることは、僕の中で幸せなことで、喜びなので、まずはそれを応援してくださっている方と共有しながら、一分でも一秒でも長く共有したい」などと語っていた。その二宮が11月12日に突如、元フリーアナウンサーのAさんとの結婚を発表したのだ。

「嵐の活動休止まで残り約1年という貴重な時期、しかもグループ史上最大のコンサートツアーの真っただなかというタイミングでの結婚発表に、多くのファンが驚愕しました。そもそも二宮とAさんは16年に『女性セブン』(小学館)で熱愛がスクープされ、Aさんが自身のブログで二宮との交際を“匂わせる”ような投稿をしていたことも判明。そのため、Aさんに対して否定的な感情を抱くファンも多かっただけに、そんな彼女と結婚に至ったこと自体にもブーイングが飛び交いました」(記者)

 そうした経緯もあり、インターネット上では、

「メンバーの結婚は祝福してあげたい派だったけど、さすがに活動休止前の大事な期間にするとは思わなかった」

「ニノが結婚したという事実もショックだけど、そのお相手も受け入れられない」

「活動休止は寂しいけど、その分、残された時間をメンバーとファンで楽しもうと思ってた。それをニノに裏切られた気分」

といった批判がファンからも寄せられていた。

「一方、二宮の結婚によって、グループ内の“亀裂”も報じられるようになりました。まず、本人から結婚発表があった後に“祝福コメント”を出したメンバーは櫻井翔と相葉雅紀のみで、大野智と松本潤からは何もなかった。さらに、櫻井が『この度の二宮の決断に関し、中学生の頃に出逢った幼馴染みの一人としては、幸せになって欲しいと願うばかり』とコメントしていたため、ネット上では『“幼馴染みの一人としては”ってことは、“嵐のメンバーとしては”複雑なんだろう』『やっぱりニノが周囲の反対を押し切って、結婚を強行したのかな』などと囁かれました」(同)

関連記事