NEW
エンタメ

高畑充希、坂口健太郎との結婚に強い意思か…許されない“大人の事情”

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高畑充希

 女優の高畑充希が主演を務める連続テレビドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系)。12月18日に放送された最終回が平均視聴率13.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークし、有終の美を飾った。

 同ドラマは、新潟の離島出身の主人公・サクラ(高畑)が「離島と本土を結ぶ橋を架ける」という夢を叶えるべく、大手ゼネコンの花村建設に入社し、新人研修で同じ班になった同期4人と成長していく姿を描く“10年間”の物語。同期には橋本愛、新田真剣佑、竜星涼、岡山天音ら人気若手俳優が勢ぞろいした。

「奇跡的にも忙しい彼らを集められたのは、今作と同じチームがつくり上げた『過保護のカホコ』(日テレ/2017年)の成功があったためですが、高畑が主演というのは決定事項でした。『カホコ』の成功は高畑の存在抜きにしては語れず、外せなかった。

 また、橋本をキャスティングできたのも、実はかなりの奇跡。橋本は連ドラ出演を敬遠していたので、日テレも当初はオファーを受けてくれる自信はなかったようです。橋本は『同期のサクラ』での演技が高い評価を受けたので、結果として出演は正解でしたね。高畑と橋本がピリピリしているという報道もありましたが、そんなことはなく、お互いにリスペクトし合う関係に見えます」(テレビ局関係者)

 高畑といえば、ミュージカル『ピーターパン』で頭角を現し、現在はドラマや舞台などで活躍しているが、私生活も順調な様子。16年に放送されたNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』で共演した坂口健太郎と、同年頃から交際中だとみられている。

「一時は破局したという報道も出ていましたが、静かに愛を育んでいて、最近ではごく近しい知人らに『結婚したい』と漏らしているようです。交際期間は3年になりますし、普通のカップルなら結婚してもおかしくない時期。高畑さんは演技派として売り出してきたこともあり、恋愛に関して所属事務所はあまり口うるさく言ってこなかった。一方、女性ファンが多い坂口さんのほうは、結婚はかなりシビアな問題。2人にその気があっても、あと3年は結婚は無理でしょうね」(業界関係者)

 また、坂口の所属事務所の内情に詳しい関係筋はいう。

「坂口の所属事務所は小栗旬、田中圭、綾野剛などが所属する大手事務所で、いわゆる“イケメン俳優”を多く抱えている。小栗や綾野が恋愛に関しては自由奔放だったのと対照的に、坂口は草食系俳優としてプライベート面でもイメージを守り続けています。

 今の事務所の状況からいって、坂口の結婚を許せるほどの余裕はないでしょう。坂口より年下の若手が不足していて、新たな人材獲得に奔走しているようです。もし坂口に結婚されて人気が低下してしまうと、稼げる若手俳優がいなくなってしまう懸念がある。すぐの結婚は現実的ではないでしょう」

 高畑としては、しばらく耐える時期が続きそうだ。

(文=編集部)

関連記事