NGT48の暴行事件から1年 「山口真帆は犯人とつながっていた」報道相次ぐ裁判の行方の画像1

NGT48劇場が入る新潟市内のビル(撮影:編集部)

アイドルグループNGT48の元メンバー・山口真帆が自宅マンションで暴行を受けた事件の発生から一年が経った。被害者の山口真帆本人による告発があったのは今年1月。運営会社のAKSは第三者委員会による調査を行ったものの、結局、この事件にはいまだに多くの謎が残っている。

 現在、運営会社のAKSは暴行事件に関わったファンの男たちと民事裁判で争っているが、両者の主張は対立を続けており、その決着は来年に持ち越されることになった。男側は「山口真帆とは以前から親しい関係にあった」と主張しているが、なぜそのような展開になっているのか。

 そこでこの事件の不可解な点について振り返っておきたい。

山口真帆、涙の事件”告発”からグループ卒業までを振り返る

 2019年1月8日の深夜、山口真帆は動画配信サービス「SHOWROOM」で、涙ながらに被害を告発した。

 動画配信は中途半端なところで途切れてしまったが、山口は明朝にTwitterで次のように詳細を明かした。

<私は先月公演終わり帰宅時に男2人に襲われました>
<あるメンバーに公演の帰宅時間を教えられ、あるメンバーに家、部屋を教えられ、またあるメンバーは私の家に行けと犯人をそそのかしていました>

 居住する新潟市内のマンション(NGT48メンバーが寮として使用)で男2人に襲われたのは、この2018年12月8日のことだった。男たちは暴行容疑で逮捕されているが、不起訴となっている。

 この事件について、運営側は特に公表しておらず、ファンに向けての注意喚起もなかった。

 山口は動画で「クリーンなNGTにするって言ったのに、新しいNGTにするって言ったのに悪いことしてるやつ解雇するって言ったくせに何も対処してくれない」と訴えており、運営側への不信感が募っていることは明らかだった。

 また、メンバーの誰かが犯行を指示したのではないかというファンの疑惑を呼び、騒動は一気に拡大。

 そのうえ1月10日の劇場公演でステージに立った山口真帆が、「お騒がせして申し訳ない」と謝罪したことで、暴行を受けた被害者がなぜか頭を下げるという異様な光景に、運営への批判が続出した。

 NGT内部で何が起こっているのか? 山口真帆をいじめていたメンバーは本当に存在するのか?

 NGT側からの説明はなく、噂が噂を呼び、NGT48のアイドル活動はあっという間に停滞する。

 ネット上では、事件に関与した”黒幕メンバー”探しも活発化し、メンバーへの誹謗中傷が激化。

 地元新潟の食品メーカー「一正蒲鉾(いちまさかまぼこ)」などスポンサー契約は打ち切られ、グループ結成当時から続けてきたテレビやラジオ番組も終了した。

 3月22日、ついに暴行事件の第三者委員会による調査報告会見が行われ、松村匠運営責任者兼取締役(すでに解任)や、早川麻依子NGT48劇場支配人らが登場。

 事件発生から現在に至るまでの運営側と山口真帆とのコミュニケーションなどを説明し、全メンバー42人(当時)中、12人がファンと“つながり”を持っていたことも報告された。

 ところがこの時、生中継で会見を見ていた山口がリアルタイムでTwitterを更新。

<私は松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました><なんで嘘ばかりつくんでしょうか。本当に悲しい>などと反論し、騒動はさらに泥沼化していった。

相次ぐ「山口真帆は犯人とつながっていた」報道

 山口真帆は4月21日に卒業を発表。5月18日には新潟市内の劇場で山口の卒業公演が開かれたが、卒業公演に出演したメンバーは一部。山口は最後のステージでもグループの異常性を訴え続けていた。

 その後、山口は大手芸能事務所「研音」に移籍し、9月にはファースト写真集『present』(宝島社)を発売するなどソロタレントとして芸能活動を続けている。

 一方のNGT側は前述したように、暴行容疑で逮捕(不起訴処分)された男2人に対して、3000万円の損害賠償を求めた裁判を起こしているが、この行方がどうにも読めない。

 男は「事件より以前から、山口真帆と個人的につながっていた」と主張していることから、各週刊誌やスポーツ紙は「事件は山口真帆の狂言だった」と印象づける報道を重ねている。

 10月30日、「スポーツニッポン」は山口と暴行事件の被告との「つながり」を示す証拠として、二人のツーショット写真を掲載。2017年に行われたファン交流イベント「写真会」で撮影されたもので、山口と犯人男性がそれぞれ「602」「303」を手指で示したポーズを取っている。

 記事によれば、この数字は事件の現場となった山口真帆の部屋番号を示しているそうで、<同じマンション内で2人の私的交流があったことをうかがわせる>とあった。

 この記事に山口はTwitterで反論。写真は裁判に提供された資料が横流しされたものではないかとしたうえで、<ファンの方はご存知の通りイベント写真会はリクエストされたポーズをします。それをカメラ目線でやるので相手が何のポーズしているかもほぼ分かりません>と”つながり”を否定している。

事件の不可解な点3つ

 これまで見てきたように、暴行事件後のNGT48運営の対応には不可解な点が多く、さらに犯人側との裁判が進むにつれても謎は深まっている。

1)「山口さんと話はついている」

 そもそも、2018年12月の暴行事件はなぜ直後に不起訴になったのだろうか。

 今年12月19日、被告のうちの1人が動画サービス「ツイキャス」に肉声をアップ。発言内容は弁護士の了承を得ているものと前置き、視聴者からの質問に答えるかたちで事件について語った。

 被告はこの動画内で、「山口真帆に反論したらいいのでは?」という視聴者の質問に「山口さんに反論する気はない。当事者同士で話はついてるし、お互いに納得した。山口とはいっさい関わらない」と返答している。

 また、「不起訴となったのは何らかの条件で示談したからか」との質問には「示談ではないですよ」と否定。昨年12月、弁護士を通じて山口との話し合いを済ませているとし、「俺は否認しただけで、山口さんと話もついている。不起訴も、弁護士から『不起訴だそうです』と(聞いた)。不起訴の理由を警察に聞くタイミングもなかった」と説明した。

 では、なぜ山口真帆は一度は”話がついた”事件を告発したというのだろうか。事件発生から発覚までの空白の1カ月間に、どのようなやり取りがなされていたのかは一切不明だ。

 ちなみに被告はこの動画内で、AKSへ請求棄却を求めたうえで、前述の「スポニチ」に掲載された山口との証拠写真をメディアに流したのは自分ではないと否定していた。

2)NGT48メンバーとファンの”つながり”とは何なのか

 今年3月に公表された第三者委員会の調査報告書では、犯人の男性を含むごく一部のファンと一部のメンバーが、いわゆる”つながり”(私的領域における接触)を持っていたことが認められたとされており、それは“噂”レベルでなく“具体的な事実”として垣間見ることができたという。

 第三者委員会が山口真帆を除くNGT48メンバー全41人中36人に事情聴取を行った結果、自ら申告するなどしてファンとの”つながり”(私的領域における接触)を持っていたメンバーが12人おり、その個人名が判明したという。調査書には、ファンと複数回個別に会っていたメンバーがいること、マンション内で犯人とメンバーが会うなどしていたことが認められたことも記載されていた。

 しかし、こうした”つながり”について、運営側の認識は異なっているようだ。5月、早川麻衣子劇場支配人はTwitterで、独自調査におけるメンバーの自己申告の結果を報告し、次のように述べていた。

<報告書に出ている、具体的に名前が挙がった12人ですが、 ○○がつながっていると人から聞いた。 ○○っぽい子が男の人といるのを見た。 ○○はつながっていると思う。 ○○が人目を避けるように歩いていた。 という曖昧な話ばかり。 処分しようにも全く証拠がありません>
<つながりを申告してきたメンバーもいました。 DMを2回返信してしまったが私的に会った事はない。 また、 取材先の飲食店の方が偶然ファンで、クレープをサービスしてくれて、来店のお礼のDMについ返信をしてしまった。 そんな内容のものでした>

 前出した第三者委員会の「ファンと個別で複数回会っていたメンバーがいる」という報告と、早川氏の「DMへの返信や挨拶=つながり」という認識には、大きなズレがある。

 もし第三者委員会の調査報告書が間違いであるのなら、メンバーやグループのためにも、運営側はあらためて正確な見解を発表した方がよいのではないか。

3)被告が主張する「山口真帆とつながっていた」の矛盾

 民事裁判において被告側は、「事件前から山口真帆と私的領域で交流していた」と主張し、顔をつかむなどの暴行を否定している。

 この裁判に際して、9月24日に「産経新聞」および「文春オンライン」は、被告側が提出した裁判資料の一部を公開。

 それによると、被告の1人は2017年2月または3月に行われた握手会で山口真帆に<運営を介さずにプレゼントを贈ったりしたいので、私的に会ってほしい>と頼んだという。

 そのうえで、<山口真帆は私的に会うことを承諾し、被告に自身が居住するマンションの名前と、部屋の番号。携帯の電話番号を教えた>とのことだ。

 その後、二人はTwitterのDMを介して交流し、2017年4月頃には被告は山口と同じマンションの別の階の部屋を借り、廊下で山口と密会してプレゼントを渡すなどの私的交流をしていたという主張だ。

 しかしそうなると、事件の直後に録音された”音声テープ”の内容と矛盾する。

 事件発生直後の山口と犯人らは、マンション近隣の公園へ移動。そこで山口は「メンバーの誰から自分の部屋番号を聞いたのか」と被告を問い詰めた。

 告はメンバーの事件関与を繰り返し否定するが、山口が<なんでアヤカニ(メンバーの太野彩香)の向かいの家が私だって知ってたの?>と切り出すと、被告が<それは相当前にアヤカニか誰かに聞いたな>と答えている。

 また山口を強襲した理由について、被告はスタッフへは次のように説明している。

<あそこでよくその、他のメンバーさんとかとぶっちゃけ言ったら会ったりとかしていて、一緒に遊んだりとかちょっとご飯食べたりとか昔からしていて。その延長線で話していて、山口さんと話したいみたいな僕たちの間でなって、話したいなってなったんで>
<その出入りできるんで、外で話すより中で声をかけた方がいいなと僕が勝手に考えてちょっと声かけたんですけど>

 この発言からは、被告はマンション内で他のメンバーと交流していたものの、山口との接点はなかったものと考えるのが妥当ではないだろうか。

 山口が自ら部屋番号を教え、マンション内で被告と会っていた時期があるのならば、こうした発言はあり得ないはずだが、被告はこのとき、ウソをついていたのだろうか。

 テープの会話からは、被告と山口真帆が事件当時まったくの初対面だったわけではないことも伺えるが、仮に裁判での被告の主張を正しいものとするのならば、このとき録音された会話が、すべて犯人の男たちと山口真帆による芝居だったということになってしまう。

 裁判は不可解さを増しながら年をまたぎ、次回の弁論準備手続き(争点と証拠の整理を行うため互いの意見や主張を述べ合うこと)は、1月29日に行われる予定だ。

(文=WEZZY編集部)