NEW
ジャーナリズム

箱根駅伝に番狂わせか…東大や山梨学院大を擁する学生連合チームの“雑草魂”に要注目

文=美山和也
【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年の第88回箱根駅伝の様子(写真/スポーツニッポン)

 日本の正月の風物詩、箱根駅伝(正式名称は「東京箱根間往復大学駅伝競争」/主催は関東学生陸上競技連盟で、2020年で第96回)で、“ジャイアントキリング”が起きるかもしれない。ジャイアントキリングとはもともとはサッカーで用いられた言葉で、弱いチームが格上の相手から勝利をもぎ取ること。いわゆる「大番狂わせ」だ。そんな劇的なドラマが、2020年1月2日にスタートする箱根駅伝でも見られそうなのだ。しかも、その可能性が伝えられているのは、非常に意外なチーム。すなわち、「関東学生連合チーム」なのである。

「前年覇者の東海大学が、ベストメンバーを揃えられなかったんです。12月10日の出場校21チームの監督会見が開かれましたが、その際、各チームの登録メンバー16人も発表されました。ところが東海大は、エースで4年生の関颯人選手、3年連続で6区を走った中島怜利選手(4年生)がエントリーされなかった。他大でも、関東インカレで5000メートルと1万メートルの日本人トップ記録を持つ佐藤敏也(法政大)、2年連続5区を走った竹石尚人(青学大)などもいません。各校の主力ランナーの調子が上がってこなかったみたいで」(体育協会詰め記者)

 学生3大駅伝のひとつ、出雲駅伝を制した國學院大学も、なぜか目標を「総合3位」と低く設定してきた。理由は不明だが、優勝候補の一角と目される駒澤大学からも、力強いコメントは聞かれなかったという。

「優勝候補は東海大、青学大、駒澤大、東洋大、國學院大といったところ。10月に出雲駅伝があって、11月は全日本大学駅伝と続き、そして2カ月弱で、最大のイベントである箱根駅伝となります。学生のコンディション作り、つまり好調な状態を持続させることは非常に難しいので、どの学校も控えめなコメントになったのでしょう。実際、東海大のようにエースを外してきたところもありましたし」(前出・体育協会詰め記者)

2008年の“ジャイアントキリング”再び?

 冒頭で述べた学生連合チームの上位入りが予想されるようになった理由は、強豪校に不安要素が出てきたからではない。連合チームに選ばれた16人の学生たちが、本気で勝ちを狙いにきているというのだ。

「通常、連合チームに選ばれた16人は、11月下旬か12月上旬に内輪での記録会みたいなものをやり、そこで本番を走ることとなる上位10人を決めていく、という流れが普通。ところが今回は、その10人を決める内輪の記録会はナシ、箱根本番に合わせて調整することが決まったんです」(テレビ局スポーツ部員)

 ここでいう「箱根に合わせて」というのは、非常に意味が深いといえよう。

 そもそも「学生連合チーム」とは、箱根駅伝の予選会で敗退した大学のなかから、「箱根本番の未経験者、各校1名、留学生をのぞく」などのルールのもとに選考された混合集団であり、2003年の第79回大会から「関東学連選抜」の名称で設けられたもの。所属する大学のチームとしては予選突破はかなわなかったものの、好成績を残した選手が選ばれてきた。2014年にいったん消滅したが、2015年に復活。箱根本番での記録も「参考」とされてはしまうが、厳密にいえば2007年からの7年間だけは公式記録として扱われており、2008年には、なんと総合4位に食い込むという“ジャイアントキリング”が演じられたこともある。

「内輪の記録会をやらないという作戦が用いられたのも、まさにこの2008年でした。当時、この連合チームを指揮することになった青山学院大の原晋監督が、11月下旬に記録会などをやってしまうと、箱根本番までに体力が回復することが難しくなる……とし、学生たちを説得したんです」(前出・テレビ局スポーツ部員)

 エントリーされた16人から上位10人を決める記録会をやれば、選手たちは箱根駅伝に出たいという一心で、そこにピークを合わせてしまう。このリスクを回避する作戦が見事に的中したのが2008年というわけ。しかしそうなると、成績がトップ10に入っていても走れない選手が出てくる可能性も生じてしまう。つまり、「なぜオレが選ばれなかったのか!?」といった不満が出てしまうかもしれないわけだ。

「2008年大会では、原監督が選手の好不調を見極め、調子の良い選手、上り、下りの走路に適した選手をきちんと見極めたんです。そして今回、連合チームに選ばれた16人は、互いに連絡を取り合ってミーティングも開き、『勝ちたい』の気持ちを確かめ合ったといいます。勝つためには、やはり内輪の記録会などで機械的に選抜者を決めるのではなく、箱根本番に合わせて調整すべきなのでしょう。だからこそ今回の選手選考は、連合チームを指揮する麗沢大・山川達也監督に一任すると決まったのです」(前出・体協詰め記者)