なぜ、世良田・徳川だったのか

 しかし、過去に三河守だった人物ならほかにもたくさんいる。なぜ、家康は世良田頼氏の子孫を名乗ったのだろうか。実は、家康の祖父がすでに世良田を名乗っていたのだ。

 家康の祖父・世良田(松平)清康は、西三河をほぼ統一した松平家「中興の祖」ともいえる人物で、隣国の今川家が名門・足利家の出身なので、その向こうを張って新田氏の子孫を僭称したのだという。

 足利家の祖・義康と、新田家の祖・義重は兄弟で、兄の新田義重が上野国(こうずけのくに/およそ現在の群馬県)、弟の足利義康が下野国(しもつけのくに/およそ現在の栃木県)を本拠とした。先述した得川義季は新田義重の四男で、上野国新田郡得河郷(とくがわごう。群馬県太田市徳川町)を本拠としていたから、得川を名乗ったのだ。世良田村もその近辺にあり、義季の子・頼氏が世良田に分家したという感じだ。

 ちなみに、元旦の“ニューイヤー駅伝”こと「全日本実業団対抗駅伝競走大会」は群馬県下を走るのだが、そのコースは徳川町の近辺が含まれる。ホントはまったく関係ないのだけれど、三葉葵(みつばあおい)を付けた太鼓を鳴らして郷土を紹介する風景が見られるはずである。

家康はなぜ「徳川」を名乗ったか…ニューイヤー駅伝から考える、群馬に徳川町があるワケの画像2
「葵の御紋」のさまざまなパターン【沼田頼輔『日本紋章学』(明治書院、1926年/大正15年)より】

何種類もある葵の御紋

 徳川家といえば三葉葵の御紋が有名だが、実は歴代将軍でも使う家紋が微妙に違っていて、何パターンもあった。

 スペードの形の葉に放射状に広がっている線を「芯」(しん)というのだが、家康の時代には多くの細い芯が広がり、それが時代をくだるごとに太いものに変わり、4代・家綱の時代には芯が横に広がるようになる。そして9代・家重の頃にデフォルメされた形に変わった。

 歴代将軍でも形が違うくらいなので、御三家もそれぞれ様式を変えていた。明治維新後、「オレは徳川家の者だ」と偽って呉服店で葵の御紋を付けた衣装を作ろうとした輩がいたが、店員に「芯は何本ですか?」と尋ねられて即答できず、ウソがばれたという逸話が残っている。

当主しか名乗れなかった「徳川姓」

 江戸時代、「徳川」姓は非常に稀少で尊ばれ、徳川家に生まれても当主とその跡取りしか名乗れなかった。

 たとえば、紀伊藩主の四男に生まれた8代将軍・徳川吉宗は、若い頃は松平主税頭頼方(まつだいら・ちからのかみ・よりかた)と名乗っていた。跡取り息子ではなかったので、「徳川」と名乗れなかったのだ。同様に5代将軍・徳川綱吉もはじめは松平姓を名乗っていた。

 家族みんなが徳川を名乗るようになったのは、明治維新以後のことである。もっともこうした慣習は、名家では一般的だったらしい。三井財閥では、次男以下は新井や泉などに改姓していたが、大正時代になると改姓が難しくなって、やめたらしい(換言するなら、大正の頃まではやっていたらしい)。

(文=菊地浩之)

家康はなぜ「徳川」を名乗ったか…ニューイヤー駅伝から考える、群馬に徳川町があるワケの画像3

●菊地浩之(きくち・ひろゆき)
1963年、北海道札幌市に生まれる。小学6年生の時に「系図マニア」となり、勉強そっちのけで系図に没頭。1982年に國學院大學経済学部に進学、歴史系サークルに入り浸る。1986年に同大同学部を卒業、ソフトウェア会社に入社。2005年、『企業集団の形成と解体』で國學院大學から経済学博士号を授与される。著者に、『日本の15大財閥 現代企業のルーツをひもとく』(平凡社新書、2009年)、『三井・三菱・住友・芙蓉・三和・一勧 日本の六大企業集団』(角川選書、2017年)、『織田家臣団の系図』(角川新書、2019年)など多数。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合