NEW
エンタメ

『紅白』視聴率過去最低…ジャニーズ&嵐“特別扱い”、松田聖子の最低の歌唱で視聴者離れ

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NHK放送センター(「Wikipedia」より)

 毎年大みそか恒例のテレビ番組『NHK 紅白歌合戦』が先月31日に放送され、平均視聴率は第1部が34.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、第2部が37.3%をマークし、それぞれ前年の37.7%、41.5%を下回った。第2部は、2部制となった1989年以降で最低となり、事実上の過去最低となった。“平成最後の『紅白』”となった前年(2018年)は第2部が40%という大台に乗り、改めて国民的番組としての存在感を示したが、“令和最初の『紅白』”はその数字に届かなかった。

 今回は内村光良が3年連続となる総合司会を務め、白組司会の・櫻井翔(2年連続)、紅組司会の綾瀬はるか(4年ぶり3度目)が脇を固め、安定した司会ぶりをみせた。例年通りステージ上ではさまざまなサプライズも披露され、なかでも黒いロック歌手のような衣装をまとい、空中を縦横無尽に動く巨大な金色の竜のゴンドラの上からアニメ映画『ドラゴンボール超』の主題歌『限界突破×サバイバー』をヘッドバンキングしながら熱唱した氷川きよしは、登場直後からインターネット上で

「ロッカーきよ子、素晴らしかった」(原文ママ、以下同)

「氷川君は、プロのエンターテイナーですね。期待を裏切りません」

「素晴らしかった、演歌歌手ってどんな歌うたっても変なくせが出ちゃうんですが全くそんなことなく本当に見事だった」

などと話題に。また、圧巻の歌唱力を披露したMISIAや、デビュー40年目で『紅白』初出場となった竹内まりやがしっとりと歌い上げた『いのちの歌』などにも絶賛が寄せられている。

 番組全体への感想としては、

「official髭男dismよかった! 松任谷さんもよかった! 石川さゆりさんもよかった!」

「ウッチャンの司会は最高でした。ウッチャンの司会だから見たいとこの数年間見続けました。ウッチャン最高。たけしさんもたけしらしさが満載で素敵でした。ミーシャの歌声に心打たれ感動でした」

「こんなに見ごたえのある紅白歌合戦は、何年ぶりだろうか。でも、副音声の裏トーク中心に楽しんだ」

などと評価する意見もみられる一方、以下のように厳しい声も挙がっている。

「うーん、紅白歌合戦も末期かなぁ…」

「近年まれに見る演出のひどさで全くつまらなかった。去年盛り上がった武田さんの体操とかけん玉とか同じことをやり何の工夫もなく、つなぎも非常に悪く盛り上がったところが皆無だった」

「今の紅白はジャニーズが占拠している感じです」

関連記事