NEW
連載
玉村麻衣子「簡単なのにあか抜ける『キレイの近道』」

正月太りを隠せる!“痩せ見え&小顔”メイク…ファンデの“しっかりのせ”はNG

文=玉村麻衣子/美眉アドバイザー
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 年末年始においしいものをたくさん食べてのんびりした結果、少し太ってしまった……。そんな人も多いのではないでしょうか。でも職場の同僚や友人知人から「あれ、少し太った?」なんて聞かれたくないですよね。

 そこでおすすめなのが「痩せ見えメイク」。いつものメイク方法を少し変えるだけで、シュッと小顔に見せることができるんです。

 そこで今回は、過去にメイク講師の経験を持つ美眉アドバイザー・玉村麻衣子が、小顔に見える痩せ見えメイクテクニックを4つご紹介します。

1:ファンデーションは顔の中心のみにのせる

 ファンデーションをのせるとき、顔の隅々までしっかりのせている人も少なくありません。しかし実は、生え際やフェイスラインにはあえてファンデーションをのせないようにするのがポイント。

 生え際やフェイスラインにファンデーションをのせないことで、その部分が自然な影になり、奥に入って見えます。その結果、輪郭にシェーディングを入れたように、一回り小顔に見せることができます。

 シミや色ムラ、シワといった肌のカバーしたいお悩みはほとんど顔の中心部分に存在し、生え際やフェイスラインは特にカバーする必要がない人がほとんど。日焼け止めやメイク下地は顔の隅々までにしっかりのせ、ファンデーションは「中心のみ」を意識してみてください。

2:眉は「床と平行+5度」

 頬やフェイスラインをほっそり見せたいときは、眉の角度をやや上昇させて描くのがおすすめ。眉を上昇させると、視覚効果から目元、頬、フェイスラインもキュッと引きあがって見えます。

 逆にカタカナのハの字のような困り眉を描くと、目尻や頬、フェイスラインが下がって見え、顔がぽっちゃり見えやすいので要注意。

 眉の角度の目安は、床と平行よりもプラス5度程度。眉頭手前~眉山までを、斜め上に向かって上昇させるように描くのがポイントです。これよりも上昇させると、顔がキツイ印象に仕上がってしまうので注意が必要です。

関連記事