NEW
森由香子「間違いだらけの食」

お正月太りをラクに解消する「間食ダイエット法」…間食してヤセる食品リスト

文=森由香子/管理栄養士
【この記事のキーワード】

, ,

お正月太りをラクに解消する「間食ダイエット法」…間食してヤセる食品リストの画像1
「Getty Images」より

 日本人にとって最大のイベントであるお正月が終わりました。お正月は、食生活のリズムが普段と異なる結果、体重が増えてしまうもの。毎年この時期になるとダイエットを始める方も多いのではないでしょうか。

 お正月の食生活スタイルをみていきましょう。まず、1日中、何かを食べ続けたり、飲み続けたり、しかも就寝間際まで飲食していたり不規則な食生活を送ることが多いです。次に、食事の内容が、おしるこ、お雑煮、焼きもち、お蕎麦、おせち料理、お酒、お菓子と糖質が高いものを食べることが多く、栄養バランスに偏りがみられがちです。

 3つめは、暖かい部屋でテレビなどをみて過ごし、体を動かす時間が減ることにより、エネルギー消費量が普段以上に少なくなります。4つめは、起床時間や就寝時間が不規則となり、体のリズムが乱れることがあります。

お正月太りをラクに解消する「間食ダイエット法」…間食してヤセる食品リストの画像2
『おやつを食べてやせ体質に!間食ダイエット』(森 由香子/文藝春秋)

 このように、食べ過ぎ飲みすぎ、偏った食事、そして運動不足、生体リズムの乱れから体重が増えるのです。逆に考えれば、この4つに注意をして食生活を送れば、体重の増加を防ぐことができるともいえます。

 お正月明け、いつもの生活に戻れば自然に減量できる人もいますが、一度ついたダラダラ食い、食べ過ぎや飲みすぎの習慣を修正するのは大変なことであり、それらが原因でなかなか体重が減らず、増加の一途をたどる人が多いのも事実です。自由奔放に食べていたお正月と打って変わり、ダイエットのために食欲を我慢し食事量を抑えることは、本当に至難の業です。

 まず、ダイエットを始めるにあたり、間食をやめる人が多いでしょう。さらに食事量も減らし、強い空腹を我慢して減量を試みる――。

 よくある失敗例として、食欲を我慢の末、我慢しきれず爆発してドカ食い、まもなくリバウンドという一途をたどるケースがあげられます。また、朝食と昼食の間、昼食と夕食の間が長くなってしまう場合、朝食や昼食を抜いた場合も同様です。長い空腹状態を我慢してからの食事は、食べ過ぎを招くのではないでしょうか。長い空腹時間のあとに摂る食事は、血糖値の乱高下により体脂肪が蓄えられやすくなります。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ