NEW
ジャーナリズム

IR収賄:逮捕の秋元司議員、検察が次に狙う“12人の議員”…反社勢力とズブズブの関係

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【完了】IR収賄:逮捕の秋元司議員、検察が次に狙う12人の議員…反社勢力とズブズブの関係の画像1
東京地検特捜部による家宅捜索を受けた秋元司議員の地元事務所(写真:毎日新聞社/アフロ)

 永田町を騒然とさせている、秋元司衆議院議員の逮捕劇。IR(統合型リゾート)事業をめぐる中国企業からの献金疑惑について東京地裁は、収賄容疑で秋元司議員を逮捕し、勾留延長も発表している。秋元議員は地検の取り調べに対して、「一切身に覚えがない。金銭は受け取っていない」と容疑を否認しているが、白須賀貴樹衆院議員、勝沼栄明前衆院議員事務所にも捜索が行われるなど、贈収賄関係者への捜査は加速している。

「秋元議員は、以前から黒い交際疑惑が囁かれていました。彼が主催したり参加しているパーティーや会合には必ずと言っていいほど、身分不明の、明らかにカタギじゃない派手な服装の人物たちが紛れ込んでいましたから。彼の交友関係は広く、資金の出所が怪しいというのは、党内では有名な話でした。だから、今回の逮捕劇も特に驚きはありません。むしろ焦点は、秋元議員と同様に“甘い汁”を吸っていた関係者が、どれほど炙り出されるかでしょう」(自民党関係者)

 そもそも秋元議員の贈収賄疑惑が永田町に流れたのは2カ月ほど前に遡る。政府肝いりのIR事業に伴うスキャンダルだけに、政治家の“格”といった見地からしても秋元議員のみならず、その背後にいる大物政治家たちの名前も取り沙汰されているのも自然な流れだろう。秋元議員の逮捕は、ひとまず地検の執念が実ったかたちだが、問題は今後どこまで捜査が“飛び火”するかだろう。

「恐らく、秋元議員を含む捜査対象に関しては、“トカゲのしっぽ切り”で幕引きとなるでしょう。秋元議員のほかに現在、12名ほどの議員の名前が上がっていますが、いずれも党内では逮捕まではいかないという見方が強いです。仮に誰かの逮捕に至ったにしても、大局に影響しない若手議員でしょう。そもそも秋元議員は取り巻きが悪すぎますし、警戒心なく派手に動きすぎました。彼や周りの議員にしても、SNSに中国企業やマカオを訪問した時の写真を上げるなど、脇が甘すぎます」(自民党議員秘書)

秋元議員の金遣いの荒さ

 複数の関係者への取材をすると、異口同音に語られるのが、秋元議員の取り巻きたちの素行の悪さだ。そんな取り巻きたちとの交友をアテンドしたのは、秋元議員の元政策秘書だという。全国紙社会部記者は、こう明かす。