NEW
芸能・エンタメ

白石麻衣、乃木坂卒業後は苦戦の懸念要因…歌と演技に低評価、口パク疑惑も再燃

文=編集部
【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白石麻衣、乃木坂卒業後は苦戦の懸念要因…歌と演技に低評価、口パク疑惑も再燃の画像1

乃木坂46・白石麻衣 公式サイトより

 アイドルグループ・乃木坂46白石麻衣が卒業を発表した。1期生としてグループを支え続けた白石の卒業発表を受けて、芸能界内外から惜別の声が巻き起こっている。

 白石は1月7日更新のブログで、「次のシングルをもちまして乃木坂46を卒業します。2020年始まったばかりなのに、最初のブログが卒業の話しでごめんなさい」とファンに謝罪。卒業は25歳を迎えた2年前頃から考えていたと明かし、「後輩も頼もしく成長していき、私ももう乃木坂で甘えてられないなと思い昨年の夏頃に改めて卒業のことを考え決断致しました」と綴っている。

 白石の卒業発表に元・乃木坂46で同期の生駒里奈も反応しており、インスタグラムのストーリー機能を使って「乃木坂をずっと引っ張ってくれてありがとう。乃木坂の美しさは貴女だと思ってます」と投稿。また7日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)では、乃木坂46と共演番組を持つMCのバナナマン・設楽統が「ちょっと寂しいですけど、これから個人の活躍を期待したい」とコメントした。

 ファンからも白石へのエールが相次いでおり、ネット上には「間違いなく乃木坂46の功労者。むしろよくここまで残ってくれた!」「ファンを悲しませることなくアイドルとして輝いてましたね。まさに有終の美だと思います」「白石麻衣きっかけで乃木坂ファンになったので、卒業後も彼女を応援していきたい」など、これまでの功績を称える声が目立つ。

 白石といえば1月1日、セカンド写真集『パスポート』(講談社)の累計発行部数が38万部に達したことが発表されたばかり。さらに、昨年12月には写真集の功績を称えられ「野間出版文化賞・特別賞」を受賞しており、講談社の販売担当者が「3年にわたって重版を続ける写真集界の“金字塔”です」とコメントしたことでも注目を浴びた。

 白石はこれまでスキャンダルを報じられておらず、“プロ意識”の高さを評価されているが、演技や歌唱力については批判を受けてきた。たとえば、2018年8月放送の連続テレビドラマ『絶対零度 ~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系)にゲスト出演した際には、劇中でウェディングドレス姿を披露。その美しさが評判になると同時に、「演技が下手すぎる」と厳しい声が殺到した。

 またステージでは、たびたび“口パク”が疑われ、昨年12月放送の『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)でも疑惑が再燃。白石は歌手・鈴木雅之とデュエットソングを披露したものの、視聴者から「鈴木雅之だけ生歌で白石麻衣は口パク? 違和感がある」「鈴木さんを相手に下手な生歌は歌えないよね」と指摘されていた。

 白石は卒業後も芸能活動を続けるという。演技も歌も評価が低いが、グループ卒業という転換点に立ち、これからどのような活躍を見せてくれるのだろうか。また、絶対的なエースだった白石を失った乃木坂46が、今後どう成長していくのかにも関心が集まる。

(文=編集部)

RANKING

関連記事