NEW
深野康彦「あなたと家族と日本のための、お金の話」

投資信託、通説を覆す“高リターン”商品…日本株はアクティブ、外国株はインデックス

文=深野康彦/ファイナンシャルリサーチ代表、ファイナンシャルプランナー
【この記事のキーワード】

, ,

投資信託、通説を覆す“高リターン”商品…日本株はアクティブ、外国株はインデックスの画像1
「Getty Images」より

 やや旧聞になるかもしれませんが、2019年7月27日土曜日の日本経済新聞朝刊の1面に「投信、長期にシフト」という記事が掲載されました。記事の内容は、2018年度は運用期間が10年以上の投信が16年ぶりに資金流入に転じ、その流入額は過去最大になったことを記しています。その背景には、金融庁が毎月分配型投信をはじめとする新規設定の投信へ短期間に乗り換えさせる「乗り換え販売」の慣行を、是正させたことにあります。是正により、次々に新商品が販売される問題も解消され、長期で安定した成績を実現した優良投信を金融機関が積極販売するようになったことがあるようです。

 ここで気になるのが、「長期で安定した成績を実現した優良投信」をどう選ぶかです。通説によれば、ベンチマークを上回るアクティブファンドは「ほとんどない」といわれ、またインデックスファンドの運用管理費用(信託報酬)の引き下げ競争が激化しているからです。しかしながら、結論からいえば、筆者は日本株は「アクティブファンド」、外国株は「インデックスファンド」を選択するのが良いと考えています。

 新聞記事とデータの日付に間隔がありますが、改めて日本株と外国株の運用成績を調べてみました。2019年10月末現在の過去10年間の騰落率ベスト10の図です。日本株からみていくとトップはアセットマネジメントOneが運用する「DIAM新興市場日本株ファンド」で年率のリターンは25.75%です。この投信、国内籍の投信のなかで初めて分配金込みの基準価額が10万円に乗せたファンド。残念ながら現在は新規募集が停止となっています。この投信を含め騰落率ベスト10のファンドは、ベンチマークを大幅にアウトパフォームしていることがわかります。

 ランキングの下に同期間の日経平均株価、TOPIX(東証株価指数)の騰落率を載せていますが、第10位の投信でさえ、両指数を大きくアウトパフォームしているのです。日本株投信の一般的なベンチマークであるTOPIXを年率換算でほぼ10%以上もアウトパフォーム、10年間にならせば100%超の運用成績の差が出ていることになるのです。

投資信託、通説を覆す“高リターン”商品…日本株はアクティブ、外国株はインデックスの画像2

外国株投信、ベンチマークを上回るアクティブファンドはほとんどない

 一方、外国株のトップは野村アセットマネジメントが運用する「米国NASDAQオープンBコース」で年率のリターンは16.66%。運用成績は良好といえますが、気になるのはベンチマークの比較です。外国株、正確には世界株やグローバル株のベンチマークは一般的には「MSCIコクサイ」になるわけですが、同投信は米国のNASDAQ市場の株だけを投資対象としているため、NASDAQ指数かNYダウ、あるいはS&P500と比較するのが筋でしょう。

投資信託、通説を覆す“高リターン”商品…日本株はアクティブ、外国株はインデックスの画像3

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ