ローソン&『鬼滅の刃』コラボ、グッズ配布開始時刻前に在庫切れ続出…独り占め→転売も多発

早々にメルカリで転売

 そうしたファンたちの嘆きに拍車をかけたのが、入手したクリアファイルをメルカリなどで大量に転売する人物が出始めたことだ。8日正午現在、メルカリでのクリアファイルの相場は1枚1000円前後。全5種類セットだと2000~3000円で、買い手がつくスピードも速い。

 アニメや漫画のコラボキャンペーンのグッズが転売される事例は、これまでにも数多くあった。たとえば、ファミリーマートが2016年にテレビアニメ『おそ松さん』(テレビ東京系)グッズの配布キャンペーンを実施したところ、店内でファン同士の奪い合いが発生し、大きな問題になった。

 人気コンテンツを利用したキャンペーンでは、あらかじめ各店舗に配布のルールや開始時刻、待機列のつくり方などの周知が必要だ。店ごとに開始時刻や配布枚数が違ったりすれば大騒動ともなり得る。果たして、今回のキャンペーンでは明確な配布ルールはあったのか。また、それは各店舗にちゃんと周知されていたのか。

 今回の騒動に関しローソン広報室に問い合わせたところ、次のように回答があった。

「予定時刻前の配布やおひとりで複数枚をお持ちになられるお客様がいらっしゃったとのご指摘を受け、現在、確認を進めております。本企画を楽しみにされていたお客様には、ご迷惑をおかけし大変申し訳なく思っております。販売開始時間や制限数の徹底をはかるとともに、店舗での運用方法の見直しについて今後検討してまいりたいと考えております」

(文=編集部)

※1月11日午前11時追記

 ローソン広報室から11日、「コラボキャンペーンのホームページ(https://www.lawson.co.jp/lab/campaign/kimetsu/)を更新した」との連絡が当サイトにあった。HP上で、ローソンは今回のトラブルに関して改めて謝罪し、次のように補填措置を行うと発表した。

「いつもローソンをご利用いただき、誠にありがとうございます。

 2020年1月7日(火)より展開している、対象商品ご購入で先着・数量限定のオリジナルクリアファイルがもらえる鬼滅の刃キャンペーンにおいて、クリアファイルがすぐに品切れとなりました。楽しみにされていたお客様にはご迷惑をおかけし申し訳ございません。

 現在、ご希望される全てのお客様に確実にお届けするため、数量限定の景品ではなく、ご予約で購入できるクリアファイルの準備を進めております。新たなクリアファイルは裏面デザインを一部変更したものとなる予定です。

 詳細は決定次第、ホームページにてご案内致します。

 この度は、お客様にご迷惑をお掛けいたしましたことを深くお詫び申し上げます」

編集部イチオシ企画
Pick Up News

RANKING

企業・業界

ビジネス

総合

SNS