NEW
IT

「Apple TV+」が気になるけどNetflixやAmazonプライムビデオと比べてどうなの?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 2019年11月から日本でもサービスを開始した「Apple TV+」。これは、アップルが制作するコンテンツが見放題になる定額制のサービス。しかし、気になるのはコンテンツの質や量といったサービス内容。ここでは、Apple TV+について解説していこう。

高品質な作品がラインナップされた定額制の動画配信サービス

「Apple TV+」が気になるけどNetflixやAmazonプライムビデオと比べてどうなの?の画像1
(Image:Worawee Meepian / Shutterstock.com)

 Apple TV+は、いわゆる「定額制動画配信サービス」。NetflixやPrime Videoと大きく異なるのは、配信される作品はすべてオリジナルコンテンツだということ。他社制作の既存コンテンツは一切含まれていないのが特徴だ。

 コンテンツは、他の動画配信サービスと同様に、オンデマンド方式で再生が可能。ダウンロードしてオフラインでの視聴にも対応している。もちろん、広告は一切表示されないし、字幕の切り替えもNetflixやPrime Videoに比べて非常に使いやすく洗練されている。このあたりは流石アップルと言えるだろう。

 用意されているコンテンツは、「ザ・モーニングショー」や「SEE ~暗闇の世界~」といった大人向けの作品から、「スヌーピー ~宇宙への道~」などファミリー向け作品などがある。他の動画配信サービスと比べてコンテンツ数は見劣りするが、新作コンテンツは毎月登場する予定となっているので期待して待つしかないだろう。

続きは【オトナライフ】で読む

関連記事