NEW
ジャーナリズム

ゴーン会見、日本の“人質司法・不当勾留”が世界を驚かす…海外逃亡に理解示す声も

構成=編集部
【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゴーン会見、日本の人質司法・不当勾留が世界を驚かす…海外逃亡に理解示す声もの画像1
レバノンで会見を行うカルロス・ゴーン被告(写真:AFP/アフロ )

 大みそかに発覚したカルロス・ゴーン日産自動車元会長の電撃出国の波紋が広がり続けている。東京都内の自宅から新幹線で関西国際空港に向かい、トルコ・イスタンブールを経て生まれ故郷であるレバノンにたどり着いた逃避行には、米軍の特殊部隊「グリーンベレー」の関係者の関与も報じられるなど、前代未聞の展開となっている。

 そんななか、1月8日にはゴーン氏による記者会見がレバノンで行われた。以下、独自の視点で日本の司法制度を批判してきた作家の宮崎学氏が論点を分析する。

「日本は人権後進国」のアピールに成功

 日本時間の1月8日22時、レバノンでゴーン氏の会見が行われ、レバノンとフランスを中心に日本を含む100人ほどの記者が取材したことが報じられた。日本からは朝日新聞、テレビ東京、小学館が会場に入れたようだ。会見の様子はインターネットで全世界に配信され、テレ東も生中継していた。

 中継を見た印象では、ゴーン氏は自己弁護に終始した。事前に「クーデターの関係者の実名と証拠を出す」と言っていたが、日本の政府関係者については「レバノン政府との関係を考慮して明かさない」とするなど、想定内ではあるが新鮮味のない会見であった。

 ただ、「(日本で弁護団に)『私は公平な裁判を受けられるか』と聞いたら、『受けられるよう努力する』と言われた。公平な裁判を受けるために出国した」という言葉には納得する。「裁判とは、裁判官が決めるものだと思っていたが、実際には検察官が決めていた」とも話し、これは世界を驚かせるに足ることだろう。

 日本の取り調べと裁判、勾留の制度には多くの問題がある。これまで作家の佐藤優、鈴木宗男議員、ジャーナリストの魚住昭など多くの識者が検察を批判してきたが、一向に改善されてこなかった。

 今回の会見で、「日本は人権が守られていない後進国」という事実を世界にアピールすることには成功したと思う。SNSでも、人質司法の実態を知る国内の司法関係者らによる「逃亡はダメだが、逃げたい気持ちはわかる」という主旨のコメントが目立った。

 今回の出国で、図らずも日本の司法だけでなく政府そのもののスタンスが問われることとなったのである。国内でもさまざまな議論が出ているが、興味深かったのは日本共産党の志位和夫委員長の見解である。「(裁判所は)あれだけの重大犯罪の被告を保釈し、甘い対応をした」「(裁判所の)判断の問題も問われてくる」などと述べたと、産経新聞が報じた。長い弾圧の歴史を持つ党のトップがこうした見方をするとは、戦前と体質が変わっていないことがよくわかる。

 許永中氏のイトマン事件など、過去にも被告人が保釈中に逃走する例はあったが、ゴーン氏の出国は元グリーンベレーの関与まで取り沙汰されている、例外中の例外である。

 志位委員長の周辺には、まだスターリンやレーニンの亡霊がうろちょろしているのだろうか。ちなみに、共産党の機関紙「赤旗」にも同趣旨の記事があったが、該当箇所はひそかに削除されていた。そういうところも「そういう党なのだ」という感想しかない。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合

関連記事