NEW

セリア、今買ってはいけないグッズ5選…洗濯ボール、レトルト絞りカッター、シートバッグ

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
【この記事のキーワード】

, ,

 100円ショップ業界の二番手であるセリア。「値段は安いけど品質は……」という業界イメージを覆すような高品質かつおしゃれな商品が受け、“デザイン性ならセリア”というブランドイメージすら確立しつつあるだろう。

 こうした企業努力が功を奏し、2019年の7月から9月末までの合計売上高は879億6900万円に上り、前年比から5.5%もの伸び率を達成している。店舗数も拡大を続けており、2019年9月末時点で直営店は1582店舗、フランチャイズ(FC)加盟店は46店舗。バブル崩壊後の倹約ブームのなかで、今日まで躍進を続けてきたのはさすがだ。

 しかしネット上では、一部の商品には「110円でももったいない」という厳しい感想も寄せられている模様。そこで今回、「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」では「この冬、買ってはいけないセリアの残念グッズ5選」をピックアップした。せっかくの買い物で失敗してしまわないよう、ぜひご一読いただきたい。

ひつじの洗濯ボール 2個入り/110円(税込、以下同)

セリア、今買ってはいけないグッズ5選…洗濯ボール、レトルト絞りカッター、シートバッグの画像1

 寒くなってきて、ロングソックスやニットなど、毛量の多い衣類の洗濯が増えてくるこの季節。別の衣類に糸くずや毛が絡まり、干すときにいちいち剥がさなくてはならない場面も多いのではないだろうか。

 セリアの「ひつじの洗濯ボール 2個入り」は、そうしたシーンで活躍するはずの商品。ひつじの顔をかたどったポリエチレン製の中芯の周りには、羊のモコモコの毛よろしくスポンジが巻きつけられており、これを衣類と一緒に洗濯機に入れておけば、やっかいな糸くずを絡め取ってくれるというのだ。

 だが、実際に使用してみた人からは「全然取れなかった」という、元も子もない感想が挙がってしまっている。冷静に考えれば、他の衣類も一緒に洗われているのに、このスポンジにだけ糸くずが絡みつく道理はないということか。購入するのは避けたほうが賢明だろう。

MONOKURO CHOPSTICK/110円

セリア、今買ってはいけないグッズ5選…洗濯ボール、レトルト絞りカッター、シートバッグの画像2

 近年の100円ショップは、低価格かつ、つくりのしっかりとした食器やカトラリー類の充実ぶりも魅力のひとつ。セリアも、おしゃれで“高見え”する商品を数多く販売しているのだが、なかには要注意なアイテムも存在する。

 そのひとつに数えざるを得ないのが、「MONOKURO CHOPSTICK」だ。その名のとおりシンプルな黒色をしたAS樹脂製の箸は、110円という値段を踏まえるとお得に感じられるだろう。

 しかしいざ使ってみれば、表面が過剰にツルツルと加工されており、そのうえ箸の先端がしなりすぎるせいで、料理をつかみにくくなってしまっている。少し力を入れただけでグニャッと曲がってしまい、持ち手の力が思うように伝わらないという、実用性に欠けた一品なのだ。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ